俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

切り分けた梨の白さや詫住

作者 素風  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

梨の白さが目に沁みます。
一人住まいがさみしいですね。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「切り分けた梨の白さや詫住」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

素風さん、こんにちは

本句、一般的な方としては下五に季語を置くところを中七のやにつなげていますが、梨の白さと詫住の簡素さが響いていて佳句だと感じました
本句の出来に比べたら小さなことですが「や」で切るような句ですので「切り分けし」と文語のほうが合うように感じます

これからもよろしくお願いします

点数: 0

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「切り分けた梨の白さや詫住」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

素風さん、こんにちは。
御句拝読しました。なかなか味わいのある句ですね。旬の瑞々しい果物も、一人ではつまらないと。共感します。

「切り分けし」については私も同感です。あと、「詫び住まい」は、「侘び住まい」では? 詫びですと、謝りながら暮らしているみたいで・・・。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

中華そばまずスープから雪月夜

作者名 めい 回答数 : 4

投稿日時:

自販機のホットコーヒー懐炉かな

作者名 豆柴 回答数 : 1

投稿日時:

あいつらはバンドワゴンだ梅紅葉

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『切り分けた梨の白さや詫住』 作者: 素風
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ