俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鈍色のただ降り続く秋時雨

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そのままの句です。

最新の添削

「鈍色のただ降り続く秋時雨」の批評

回答者 なおじい

鷹司晶子さん、こんにちは。
御句拝読しました。「そのままの句」とのことですが、ちょっと違和感があります。

というのは、季語の「秋時雨」とは、秋の時雨のことですが、時雨とは、読んで字のごとく、短時間の雨のことです。要するに、にわか雨のことです。
それを、「ただ降り続く」とお詠みになるのは、ちょっと…。

仮に「秋時雨」でなく「秋の長雨」だとしても、それを「ただ降り続く」と言ったら、今度はまさにそのまま過ぎますし…。

ですので、「〜し続ける」という時間経過をお詠みになるより、「今どうなのか」を描写したほうがいいと思いますよ。

・鈍色の風の運ぶや秋時雨

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鈍色のただ降り続く秋時雨」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

鷹司さん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
珈琲のコメントありがとうございます。

御句
秋時雨はすぐやむ雨のことでから、季語は別の方がいいかな?

参考に
・秋しぐれ塀をぬらしてやみけり   久保田万太郎
季語の本意は
晩秋に降る雨をさす。青空がまだ残りながら、思いかけず雨が降りかかり、間もなく晴れる。

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

竹筒の竹の香りや新走

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

猫狙う塩鰤を焼く吾の側で

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

主のいぬ家訪ふは枯葉のみ

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鈍色のただ降り続く秋時雨』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ