俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

好き嫌ひ云つてられない甘藷の庭

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

記念日俳句、10/16は「世界食料デー」。飢餓や食糧問題を考える日。

以前、伯父から聞いた昔語りから。
戦中戦後には家の敷地のあらゆるところ、畑に限らず、庭も玄関先も、植えられるところには植えられるだけ、サツマイモとカボチャを植えていたのだと。そして、毎日毎日、食事と言えばイモかカボチャ。これで飢え死にはせずに済んだ。けれども、そのためにすっかりイモとカボチャは嫌いになったというおまけ付き(というか、伯父がこの昔語りで言いたかった結論・本題が「儂はイモとカボチャは好かん」なのでした)。

…といっても、これは「世界食料デー」だから思い出した、というわけではなく、今月下旬に投句予定の角川の題詠「甘」の一環で、「甘藷」のイメージも手繰っていたところだったのでしたが。まあ、現代的な景の句ではないから、この句自体は自選没でよいかな、と。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「好き嫌ひ云つてられない甘藷の庭」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

私も昭和後期生まれですがドラえもん・サザエさんを筆頭に当時多かった戦争体験を語る物語により、戦時中の光景は映像として想像できます。
この句が戦時中の光景だとすると、この句はつきすぎていて、当時の状況の説明になってしまっているかと。

この句が戦時中ではないとすると?とすると「庭」がどうしても違和感がつきまといますね。
戦時中ではなく、今好き嫌いの言い訳をする伯父さん、の方が俳諧には寄せられそうです。

・甘藷を嫌いで伯父は六十で

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「好き嫌ひ云つてられない甘藷の庭」の批評

回答者

句の評価:
★★★★★

拙句へのコメントありがとうございました♫ 取り合せに関しての的確なご指摘、全くその通りと思いました(*^^*) 参考にさせて頂き、推敲したいと思います。

御句に関しましては、個人的には甘藷は美味しいものという印象しかないので、正直あまりピンと来てはいないですね。戦時中の話しであれば、それが分かるワードが入っていれば良かったのかなぁと思います。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、大さんの俳句の感想を書いてください >>

「好き嫌ひ云つてられない甘藷の庭」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さん、いつも的確なコメントありがとうございます
二物の因果/距離感、ここはコメントにもある通り次の課題としてチャレンジしていきたいと思います!
#近からず遠からず、ほんとに難しく感じております、、

本句につきましてはまさに取り合わせされた句だな、と思いました
「云ってられない」が一見説明調のようにも見えますが直接季語を説明するわけでもなく
そこに含まれた情緒/想いに響いていると感じられました
ただ、私自体昭和後半の生まれでコメントを見てやっと理解できましたので、句単体で響くかどうかは選者の年齢によりそうですね

今後ともよろしくお願いいたします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

桃かさてかいどうの花いや桜

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

長雨に秋茄子口に遠くなり

作者名 素一 回答数 : 5

投稿日時:

木登りを習ふ少女や雲の峰

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『好き嫌ひ云つてられない甘藷の庭』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ