俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

石投げて波紋はいくつ秋日和

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供らの遊びを見ながら。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「石投げて波紋はいくつ秋日和」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

久田しげきさん、こんにちは
雲月へのご指摘ごもっともです
現在、参考書の課題の「上五や切れ」に寄せようと改悪してしまいました、、
ご指摘胸に刻んでおきます

本句に関しましては、秋日和での余韻も爽やかで長閑な風景がありありと浮かぶ良句だと思いました
これからもよろしくお願いします

点数: 0

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「石投げて波紋はいくつ秋日和」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

久田さん、まったく気がつきませんでした。ご指摘ありがとうございます。もう、いちど、リベンジさせてください。

御句、完璧でございます。
勉強になります。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「石投げて波紋はいくつ秋日和」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ちょっと散文感、因果の気になる句ですね。
「〜て」「は」どっちかな?

・石投げて波紋のいくつ秋日和
・石投げの波紋いくつか秋日和

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の雨愛し孫かな七五三

作者名 堀籠美雪 回答数 : 6

投稿日時:

孕み鹿嘶く夕の滑走路

作者名 世良日守 回答数 : 1

投稿日時:

松ぼくり君には僕が分からない

作者名 ケント 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『石投げて波紋はいくつ秋日和』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ