俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の日や病む子に添うてパンを食う

作者 たけたけ  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こしあんぱんのコメントや、添削をありがとうございました(*^-^)
みなさんのコメントをよく読んで自分なりにまた考えてみました…。
前回はお恥ずかしいですが、まさに「一人カラオケ」のような句でしたね!
「看病している」というのが伝わるように中七を考えてみましたが伝わりますでしょうか…
皆さんを置き去りにして、一人カラオケおおいに盛り上がっているような句をいつもすみません…。
少しずつでも気付いて、成長できるようにがんばります。
また、あたたかく厳しい添削をよろしくお願いいたします(*^-^)

最新の添削

「秋の日や病む子に添うてパンを食う」の批評

回答者 腹井壮

竹内さん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。

この句は動詞が二つあって慌ただしく説明的になっています。「季語一つ切れ一つ動詞一つ」はルールでも作法でもありません。先人が編み出したなるべく楽していい句を詠む為のノウハウです。

秋の日の病む子のパンにバターかな

秋の日の焼き立てパンにバターかな

着地がバターなので報告句の範囲を超えませんが参考までに。

それと質問にあった初心者向けの本の件です。私はひねくれ者だけあってあまり本に頼らず自分の詠んだ句と歳時記の例句を比較分析して勉強しました。実際のところは頭の悪い私は初心者向けの本ですらよく理解出来なかったのです。唯一ある程度理解できたのは

 「カルチャー図鑑 俳句人生で一番いい句が詠める本」(主婦と生活社)

でした。実作に役に立つかはわかりませんが読むといとも簡単に俳句を詠める気分にさせてくれます。それと私には向いていませんでしたが

20週俳句入門 藤田湘子

は評判が良いようです。古今の名句を覚えながら進むスタイルになっていました。

句集については私に影響を与えた清水杏芽と齊藤朝比古以外は欲しいとも思わず尾崎放哉の全句集以外はまともに読んだ事はありません。たとえば「団栗」で詠もうと思った時には「団栗 俳句」と検索して先人の句を参考にする事はよくあります。本にしても句集にしてもアマゾンやセブンイレブンのサービスで簡単に届く時代なので調べてから注文されてはいかがでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋の日や病む子に添うてパンを食う」の批評

回答者 塩豆

こんばんはです!
読み手によっても意見の別れるところかも知れませんが、私は前の俳句が良いと思いました。説明的であること、動詞の多さからか雑然とした印象がすることがこの俳句のマイナスポイントと思います。また、「食ふ」の表記の間違いもあります。
この俳句の方がいいところはシチュエーションが見えるところです。よりにもよってなのですが、私はある程度シチュエーションそのものを読み手に託しても良いのでは?というタイプでして、よって良いところと悪いところを比較してみると推敲前の俳句の方が良いと感じました。それに「秋の日の香る(こし)あんぱん」という表現も私の中では気に入ってたりするので…。

今更申し上げますと私、拘りのポイント、切れに対する考え方などの点から、この道場の利用者の中では結構異端児だったりします。ですから、こういう考え方をする人もいるんだなー、ぐらいに受け取ってもらえればと思います。

点数: 3

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

愛犬のしっぽもなびく木枯らしに

作者名 俳句太郎 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

運動会囲む目陰の人だかり

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

人参の皮をむくのか芋煮会

作者名 水谷 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の日や病む子に添うてパンを食う』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ