俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

深し水翠になりけり秋高し

作者 しゅうこう  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

深い釜をもつ沢の水は綺麗ですね。「深き」とするか悩みました。

最新の添削

「深し水翠になりけり秋高し」の批評

回答者 佐渡

しゅうこうさん!おはようございます。
再訪です。翠のことネットで調べてみました。
翠色(すいしょく)とは、翡翠カワセミの羽色のような鮮やかな緑色のことです。「みどりいろ」「みどり」とも読まれます。別名は『翠緑すいりょく』。

みどりなりけり
すいになりけり
どちらも良いと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「深し水翠になりけり秋高し」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

しゅうこうさん!こんにちは!
いつもお世話になってます。
深しは形容詞のク活用ですから「ふか・し」
から(未然形)く・かり(連用形)し(終止形)き・かる(連体形)けれ(已然形)かれ(命令形)
ふかしを当てはめると
深からず(未然形)・(深くて)深かりて(連用形)・深し(終止形)・深きとき(深かるとき)(連体形)・深ければ(已然形)・深かれよ(命令形)
「し」は終止形ですから「き」は連体形ですから「深き」が合っていると思います。
にわか勉強ですが。

点数: 3

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「深し水翠になりけり秋高し」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

しゅうこうさん、こんにちは

添削については皆さんと同意見なので感想コメントです
深い沢の翠にフォーカスしつつ、その後に高い空の碧へと広がるイメージを受け
清々しい句だと思いました

また、色を並べるので言いますと
牧水の「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」を彷彿としてそれも響きますね
#句意はもちろん違うので問題にしているわけではないです

点数: 2

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「深し水翠になりけり秋高し」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

しゅうこうさん、こんにちは。
御句拝読しました。

「深し水」は「深き水」だと思いますが、私は「水深く」なんていかがかと。これなら迷いようがないからです(笑)。

それより私が悩んだのは「翠になりけり」のほうです。
これは「みどり」と読みますか?中八になりますが、晴れた秋の日には池とかの水がコバルトブルーとかエメラルドグリーンになるということですか?

エメラルドグリーンで翠を使うのであれば、

・水深く翠なりけり秋高し

コバルトブルーでよければ、「碧」に「あお」とふりがなを振って、

・水深く碧となりけり秋高し

こんな感じはいかがかと。ただ自己流の提案ですので、他の方々のご意見をリスペクトします!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

恋女私も女雪女

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

カアカアと俺に用かい寒鴉

作者名 なおじい 回答数 : 14

投稿日時:

沢水と雨を頼りの田植かな

作者名 04422 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『深し水翠になりけり秋高し』 作者: しゅうこう
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ