俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

番いてふほどよい距離や鳥渡る

作者 おかえさき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

1年位前に作ったもので、初めて「てふ」を使ってみました。
鳥は見てると、程よい距離で飛んで行きます、番いなのでしょうか?
人間の夫婦もつかず離れずの距離がいいのだなぁ~と思いました!

最新の添削

「番いてふほどよい距離や鳥渡る」の批評

回答者 イサク

再訪です。

「似てくる」⇒「似てきし」の話。

 複合動詞、かつ間に完了の助動詞の連体形「て」を挟むかたち。
 OKともNGとも簡単に言えず。
 これ単体で話すのは、ものすっごく説明が長くなるので、まずはご自身で調べて句を作ってみた方がいいかと・・・

◆まず「し」は連体形なので、終止形で使いたいのか連体形で使いたいのか、という問題があります。現代語の「似てくる」はどちらにも取れます。
◆「し」は過去・完了・継続の助動詞の連体形なので、過去・完了・継続の意味を持たせたいのかどうか?というのがあります。「似てきた」に言い換えられる(だんだん似てきた、など過去からの継続的な意味)ならば使えそうですが、「これから似てくる」というような意味だったら「し」は使えません。
◆「く」の活用は「こ/き/く/くる/くれ/こ(こよ)」これに助動詞終止形「き」が着かないという特殊な関係(「し」は着く)。過去を表す終止形の場合は別の助動詞が必要。ここでは仮に「ぬ」を使ってみます。

ということで、
 現在形・終止形「似てく」
 過去形・終止形「似てきぬ」
 現在形・連体形「似てくる」
 過去形・連体形「似てきし」

 ですが、そもそも「似【て】くる」という「て」を挟む言い回しが、文語というより口語っぽいですよね。
 「て」を抜いて「似る」の連用形で「く」に文語的につなぐと、それぞれ「似く」「似きぬ」「似くる」「似きし」になると思うのです。
 でもこれだと現代人に意味がわかりづらいですし、リズムも悪い。

 私なら「似てきたる」という言い回しも候補に入れて、前後のつながりや音数調整・リズムでどれを使うか考えます。

というように、前後の文脈抜きで解説するのは、誤解を避けようとするととんでもない物量になるので、今後そういうのはまずご自身で用法をお考えになってから・・・
ちなみに私は国語の先生でもなく、俳句を始めてから勉強し直しているだけの者です。一年も真面目に勉強すればこれくらいは調べればわかるようになると思います。

ここの諸先輩がたや、歴1年ちょっとのあの方あたりもこれぐらいは語れるはず・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

夫婦てふ程よい距離の番鴛鴦

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

「てふ」という言葉があるのですね
勉強になります

俳句の方でいいますと番というには渡り鳥の数が多そうなのが気になりました
また私が独身(涙)なので中七の詠嘆もとって一句詠ませていただきます
下五は夫婦ということで冬の季語になってしまいますが
番鴛鴦(つがいおし)で番いのおしどりとしています

しかし、おかえさきさんは夫婦円満そうで何よりです
「夫婦という程よい距離」といえない所も昨今見かけますし、、
#あと、私にもせめて番い候補を、、、(涙)

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「番いてふほどよい距離や鳥渡る」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「や」で切れている二物。
なので池の鴛鴦あたりの番を見ての句だと受け取ります。

全体では特に問題のない句なのではないかと。

「てふ」という文語・歴史的仮名遣いの句なので、「番ひ」「ほどよき」となりますね。
(こういうのを指摘してくれる方々が減っているので、私ばかり細かいことを指摘しているようですがご容赦ください)

・番ひてふほどよき距離や鳥渡る

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「番いてふほどよい距離や鳥渡る」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
御句拝読しました。
私は、番を夫婦の距離と捉えて、鳥渡ると二物として合わせたいと思いました。

・夫婦てふほど良き距離や鳥渡る
・鳥渡る夫婦の距離の心地よき

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

月光や落ちた百円玉静か

作者名 和光 回答数 : 3

投稿日時:

滝壺を追ひ返されたみづ此処へ

作者名 長谷機械児 回答数 : 3

投稿日時:

蝸牛まろみを帯びた地平線

作者名 矢永 壽風 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『番いてふほどよい距離や鳥渡る』 作者: おかえさき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ