俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花野分け疾風走るや地平線

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お世話になります。

どこまでも続くコスモス畑
嵐のあと一方向に傾く様子を詠みました。

よろしくお願いします。

最新の添削

「花野分け疾風走るや地平線」の批評

回答者 森本可南

コウさん、批評ありがとうございました。励みになります。

花野分けとは、花野と野分を一緒に、したのですね。
意味は、わかります。

台風がきて、田んぼの稲が一方向に、倒れているのを見たことがありますが、花野が、そんな感じだったのでしょう。
それが地平線まで、続いている光景が、見えます。

さて、私の提案句です。

野分後花野は垂れて地平線

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花野分け疾風走るや地平線」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

コウさん、こんにちは。
御句拝読しました。
ちょっと気になる点をお伝えします。

まず、コメントにある「コスモス畑」が、本当に人工的に作られたコスモス畑であれば、それは花野とは言わないようですよ。花野とは、自然にできた、色々な花が咲き乱れている草原のことのようです。

次に「花野分け」の意味もちょっとわかりません。

あと、下五の「地平線」ですが、これは季語でもないのに妙に存在感があり、どう評価したらいいのか…。

・地平まで疾風(はやて)の撫でる花野かな

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

うめぼしの髄のやはらか秋渇き

作者名 いなだはまち 回答数 : 6

投稿日時:

紫陽花の毬の揺れをりにはか雨

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

夏の蝶スマホで追ひぬ女の子

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花野分け疾風走るや地平線』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ