俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

草を食む牛数頭の花野かな

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

高原の牧之原に牛が数頭放牧されている、

最新の添削

「草を食む牛数頭の花野かな」の批評

回答者 しお胡椒

ジジイ様
先日はしお胡椒の「実紫」へのアドバイス有り難う御座いました。おっしゃる通り紫式部の説明になっておりました。ご指摘を浮けて
納得です。 美しいと思うとストレートに詠んで単純な人間です。
ジジイ様の「草を食む牛......花野かな」とても牧歌的で素敵です。私の家の近くにも休耕田を利用して牛を放牧している所がありのんびりした風景は絵になります。
これからも勉強させていただきます。ありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、しお胡椒さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「草を食む牛数頭の花野かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。景色が見えますね。
三文字季語に「かな」をつけようとして、数頭の花野、と「の」でつないだことに少しだけ違和感があります。
「かな」でいくなら
牛数頭草食んでゐる花野かな
の方が自然かも。今の形ならこんな形はいかがでしょうか。

草を食む牛の数頭花野原
草を食む四五六の牛や大花野

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「草を食む牛数頭の花野かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
げば様の「四五六」に既視感を覚えたイサクです。糸瓜の花ですね。

げば様と同じく、この上五中七のままなら「かな」構文ではない方が良さそうに思います。
【草を食む牛数頭や大花野】とか。

基本形の「かな」構文は一度下五に着地した後、下五の三音が句全体を包み込むようなイメージになるので、恐れず使ってほしいですがなかなか手ごわい切れ字です。

・四五頭の牛の草食む花野かな

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「草を食む牛数頭の花野かな」の批評

回答者 しお胡椒

句の評価:
★★★★★

ジジイ様
先日はしお胡椒の「実紫」へのアドバイス有り難う御座いました。おっしゃる通り紫式部の説明になっておりました。ご指摘を浮けて
納得です。 美しいと思うとストレートに詠んで単純な人間です。
ジジイ様の「草を食む牛......花野かな」とても牧歌的で素敵です。私の家の近くにも休耕田を利用して牛を放牧している所がありのんびりした風景は絵になります。
これからも勉強させていただきます。ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、しお胡椒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒明の徒然なる日句を詠めり

作者名 游歩人 回答数 : 3

投稿日時:

片面の焦げたオムレツ夏近し

作者名 回答数 : 3

投稿日時:

種は違えども夏色のスイーツ

作者名 和光 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『草を食む牛数頭の花野かな』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ