俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

星月夜新恐竜のレントゲン

作者 カイ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんばんは。
月の句をもう一句作りましたので、投句します。短作文から感情語俳句の形で作りました。作文は
[恐竜の発掘で頭蓋骨が出た。しかしよく知る恐竜とはなんか違う。レントゲンを撮ったら、こいつは新恐竜だとわかった。名前は何になるだろう。]
近年アニメ映画や新恐竜の発見が多いので句にしました。感情語俳句で
[夢あるな新恐竜の頭蓋骨]
と考えましたが、恐竜なら生き物だから頭蓋骨はあるから重複になると判断しやめました。
かわりに重複にならないレントゲンを使いまして、季語に星月夜を使い古代のロマンの思いも表現してみました。

最新の添削

「星月夜新恐竜のレントゲン」の批評

回答者 鈴屋いるか

カイさん、すみません
星月夜はこちらの句でしたね
完全にレントゲンのパワーワードに押されて見過ごしてました、、汗

本句につきましては句想と「星月夜」は響いてると思います
ただ、「新恐竜のレントゲン」の言葉の力が強すぎて古代に思いを寄せる所までワンテンポ掛かる気がしました
もう少し過去に思いを馳せるように句を寄せてみてはどうかと思いいくつか詠んでみます
・星月夜化石の語るレントゲン
・星月夜白亜紀生きし竜の骨

これからもよろしくお願いします

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「星月夜新恐竜のレントゲン」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

カイさん、おはようございます🙂
お世話になります。

御句、「レントゲン」の是非ですね。
私としては、片仮名のレントゲンは別の連想が働いて、キツイ感じがしてしまうのですが…
「頭蓋骨」で良いのでは…
生き物は、必ずしも頭蓋骨が有るわけではないので、変な突っ込みを想像しなくて良いと思います(私は恐竜というと、巨大な尻尾と鱗を思います。)
「星月夜新恐竜の頭蓋骨」
体言が二つ続いて、ぶっきらぼうな感じもしますかね…
「月明り新恐竜の頭蓋骨」
とか…少しはやんわりかな…

また宜しくお願いします、

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな

作者名 コウ 回答数 : 9

投稿日時:

砂山を踏みしめ歩く秋日傘

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

ソーダ水ストロー越しに彼の顔

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『星月夜新恐竜のレントゲン』 作者: カイ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ