俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

名月や首の痛めど仰ぎゐる

作者 岩住涼太  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます。

久しぶりの投句になりますが、これからもよろしくお願いします。

この間の中秋の名月ですが、今夜は名月だとすっかり忘れてて、ちょっと散歩に出かけようと思って家を出ると、驚きました。そして、しばらくそこに立って月を眺めていました。

ご意見をよろしくお願いします。

最新の添削

「名月や首の痛めど仰ぎゐる」の批評

回答者 なおじい

岩住涼太さん、こんにちは。
御句拝読しました。
なんとなく情景はわかるのですが、「首の痛めど」をどう捉えたらいいのか少し悩みます。
「首が痛いけど」「首が痛くなるまで」、どちらでもいいのかもしれませんが、ちょっと読み替えさせていただきました。

・名月や痛む首筋かばいつつ

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「名月や首の痛めど仰ぎゐる」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

どうコメントを残したらいいか悩んでいました。

まず、「名月だから仰ぎ見ている」というバリバリの因果が気になりますが、これを指摘すると句が成立しないので、もう気にしないとして、

「もともと首を痛めているが、名月だから見てしまう」のか、「名月を見ていて首を痛めたが、そのまま月を見る」のか、「首を痛めてもいいから名月を見る(という開き直り)」なのか。
どれでもいいのですが、うまく受け取れずに迷いがでるので・・・

コメントからも、どれかはわかりませんね。
助詞や活用や、単語のつながりを整理してみましょうか?
「ゐる」は入れたいのでしょうが、これを入れると主役が自分になってしまいます。今回は「首の痛み」を入れたいので、要素が多すぎるので外します。

・名月を仰ぐや首を痛むれど
・名月を仰ぐや首の痛みなど

他にもなにかやりようはあります。
「ゐる」を入れたいなら、五七五の少ない音数の中で「首の痛み」まで入れるのは難しいです。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

病室のましろなる壁毛糸編む

作者名 げばげば 回答数 : 27

投稿日時:

コロナ禍で不要不急の大銀河

作者名 黒徹 回答数 : 3

投稿日時:

花火見に行こうと誘い断られ

作者名 東人キャサリン 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『名月や首の痛めど仰ぎゐる』 作者: 岩住涼太
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ