俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

高きより落ち知るおのれ落椿

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

自戒を込めて

最新の添削

「高きより落ち知るおのれ落椿」の批評

回答者 こま爺

おはようございます。

季重なりは主役がはっきりしていれば良しとされています。ただ、俳句ポストのように万に近い投稿の中から選ぶ場合、無条件に捨てられる恐れ大です。
https://jphaiku.jp/wp/2018/12/10/4082/?amp=1

御句、自戒の観念てすね。そこまでおっしゃらなくても
”高きより落ちて花なり落ち椿

よろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

頂を拝むレンズは花の枠

作者名 ワイス 回答数 : 2

投稿日時:

紅葉散る長しトンネル奈良は霜

作者名 田中喜美子 回答数 : 2

投稿日時:

ぶらんこを押す母の笑み陽に映える

作者名 いつき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『高きより落ち知るおのれ落椿』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ