俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

トマト食ぶ一年ぶりの甘さかな

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題「トマト」。

そんなに好きでなく、自分からは積極的に買って食べないものだから、味の記憶が子どもの頃から更新されないようで、毎度毎度、「こんなに甘かったっけ?」と思う。思う度に、前に食べたときもそんなこと思ったなあ、と思う。

「トマト」が戻ってきました。ついにお題が一巡。ということで、お題とともに「一年」を詠み込んでみました。
(まあ、私の場合は正月明けから春先まで投句していない時期があったので、“一年続けた”訳ではないですが)

※「紫陽花」は忘れていた句が人選。結果を見てから、「ああ、こんな句を投句していましたか私は…」という状態。
※「原爆忌」は殊の外たくさんの句が出来てしまって、8/9にその日の気分で選句して投句。また結果発表時に忘れていそう。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「トマト食ぶ一年ぶりの甘さかな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。1年ですね。思い返せば、長谷さんが登場して、戦争は愚なりとトマトの取り合わせでセンセーショナルでした。卓鐘さんの取り合わせと俳句とはの談義もよく覚えています。
長谷さんは自句でも他句にもいつも冷静な方ですね、いつも刺激になっています。今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「トマト食ぶ一年ぶりの甘さかな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

確認してしまいました。私、長谷様のこちらへの初投句「少女は~」にコメントしてませんね。
私のコメントが多少丸く(笑)なってからのご登場だったんですね。もっと前からいたような気がしてました。

で、御句。
わかりやすいところでは「食ぶ」が微妙ですね。
後の「甘さ」で食べたことはわかりますし、終止形で切れていることも・・・捨て石としても難しいところで。

安直な提案ですが、字余りして整えてみます。

・トマトトマト一年ぶりの甘さかな

引き続きよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

サイレンに猫の平然慰霊の日

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

神域の箒目新し桃の花

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

梅雨寒やろくろを挽くに背丸め

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『トマト食ぶ一年ぶりの甘さかな』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ