俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

クレーン車のバターほのかに芋煮会

作者 ハオニー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

何万食の芋煮を巨大な鍋でつくっている光景を山形で見たことがあるのです
そのとき、バターのにおいがどこからか漂ってくるのを感じました

そのときは、空腹のせいで勘違いしたのだなと思っていましたが...
「クレーン車を芋煮に使うには、機械油なんて差せないから、バターや食用油を使う」という記事を山形の新聞でつい最近見つけて、「芋煮に馴染みのないバターのにおいがしたのはそういうことか」と理解しました

最新の添削

バターの香重機もシェフとなる芋煮

回答者 三日酔いの防人

ハオニー様こんにちは。山形の芋煮会風物詩ですね。俳句では『芋』というと里芋を指すんですね、勉強になりました。
嗅覚と視覚、この句の肝はこの二つですね。上五の『クレーン車の』字余りは少しダボついてしまう感じがします。
人それぞれ五感は違いますが、一般的には嗅覚と視覚では嗅覚の方が先に反応すると思います。ですので上五でバターの香りを詠んだほうが、すっきりと入ってくると思いました。長々とすみません。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

空き腹に刺さる香りや芋煮会

回答者 よしはむ

ハオニーさん、こんにちは。
いつも添削ありがとうございます

すみません。今回の句は、ちょっと情報を詰め込みすぎかなと思います。
クレーン車と芋煮会にどのような関連があるのか、コメントを読まないと、分からない状態になってしまっています。

>空腹のせいで勘違いしたのだなと思っていましたが

という一文を受けて、空腹の状態を前に出した句に変えてみました。

点数: 2

添削のお礼として、よしはむさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

吹き下す越の山裾青田風

作者名 村山陽子 回答数 : 4

投稿日時:

電子音の聞えぬ耳や雛祭り

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

行きたいの涼風が頬撫でる朝

作者名 二次の父 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『クレーン車のバターほのかに芋煮会』 作者: ハオニー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ