俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

踊子の白き腕に宵の風

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この句は俳句ポストの没句です。「腕」は「かいな」と読みます。因みに入選したのは

🔷踊唄三尺帯の跳ねる宵

です。私としては踊子の句の方が情緒があるように思うのですが…。
因みに三尺帯の句は「並」でした。「人」に至らなかったのは何処なのか…。類想類句でしょうか…。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「踊子の白き腕に宵の風」の批評

回答者 04422

ありがとうございました。三句切れはどうなった場合を言うのか分かりません。教えてください。
きれいな状態を想像しますが、季語が分かりません。

指摘事項: 無季俳句

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「踊子の白き腕に宵の風」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。
犬吼えは、時代劇のワンシーンを切り取った感じです。
古つまは、川柳っぽいんですね?。つまは
妻と夫を両方想定しました。俳句では、新妻とそれ以外なんですね!。勉強になりました。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「踊子の白き腕に宵の風」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。切れのかぬまっこですね。切れがないと散文的ということなんでしょうか?
切れを入れれば俳句っぽくなるなるということなのでしょうか?切れをいれると画像が鮮明になるのでしょうか?切れを入れると作者の意図が明確になるのでしょうか?
切れで検索すれば、それなりの回答があるのでしょうが、だらだらのままで終わりたい句も自分ではあったりします。
切れについて、一言教えてください。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「踊子の白き腕に宵の風」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。直喩と隠喩、懐かしい響きです。
ほぼ忘れていました。🙇
的確なアドバイスありがとうございます。特に、隠喩は色々な場面で使ってみたいですね。💪

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「踊子の白き腕に宵の風」の批評

回答者 白井百合子

かぬまっこさんおはようございます。
俳句ポスト見ました。
おめでとうございます‼
今回私はだめでした。
なんとなく投句する時だめだなーと思っていたらだめでした。
自信もたないとだめですね‼
また頑張ります。

点数: 0

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白菜の干されて芯の立ちにけり

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

何をしているのでせうか雪の夜

作者名 かぬまっこ 回答数 : 7

投稿日時:

トマト食む放り出したる色鉛筆

作者名 なおじい 回答数 : 34

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『踊子の白き腕に宵の風』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ