俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

煮転がす新じゃが芋に母の味

作者 しお胡椒  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

母が健在であった頃、新じゃが芋の小粒だけを集めて煮転がしを作ってくれました。
照り甘辛に煮含めたじゃがいもの味が懐かしく味を辿って作って見るのですが、あの母の味には及びません。
宜しくお願い致します。

最新の添削

「煮転がす新じゃが芋に母の味」の批評

回答者 小太郎

秋となり、歳時記で秋の季語を見て改めて
馬鈴薯(じゃがいも)、甘藷(さつまいも)、芋(里芋)、長芋、自然薯

それぞれが秋の季語となり、いもの種類で使い分けるようです。
参考までに

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、小太郎さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「煮転がす新じゃが芋に母の味」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。始めまして。
私は初心者ですから句については何も申せません。
 でも情景や心情はよくわかります。
キュウリ、孫の歯抜け顔、新ジャガイモ…どれも私と同じや〜と。
 これからも楽しく拝見させていただきます。宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「煮転がす新じゃが芋に母の味」の批評

回答者 小太郎

句の評価:
★★★★★

俳句ではなく芋という漢字が気になりました。
芋は里芋です。じゃがいもは薯の漢字を使います。
因みにさつまいもは藷の漢字です。
参考までに

点数: 0

添削のお礼として、小太郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「煮転がす新じゃが芋に母の味」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

しお胡椒さん、こんにちは。
御句拝読しました。なんだか今一つリズムに乗れないなぁと思っていましたが、小太郎さんのコメントがヒントになりました。
新じゃがは新じゃがであって、新じゃがいもとは言わないのではないか(漢字でどう書くかは置いといて)?

あと、おいもの煮転がしとは言うけれど、作る時に煮転がすというのかな?という疑問がありました(作ったことがないのでわからない)ので、次のようにしてみました。

・母の味真似て新じゃが煮転がし

よろしくお願いします!

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

お彼岸にさびしい無人墓参り

作者名 水越里絵 回答数 : 2

投稿日時:

コロナ菌見えねど洗ふ合歓の花

作者名 金太郎 回答数 : 1

投稿日時:

知恵絞る汗も涼しき初夏の夜

作者名 きゅうり屋 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『煮転がす新じゃが芋に母の味』 作者: しお胡椒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ