俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

口実は夜涼み行くと送る駅

作者 東次郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

トマトの前の兼題「納涼」(すずみ)ですが、傍題の「夜涼み」ですm(__)m

「君」を表記しない恋句のつもりですが、君の存在を感じてもらえますか?

最新の添削

「口実は夜涼み行くと送る駅」の批評

回答者 04422

東さんこんにちは!独りよがりですか?その意味さえ分からずに投句している僕ですね。少しは勉強している気分になっているようです。他の人の句を詠んでも理解出来ない句ばかり。厳しくご指導のほどをよろしくお願いいたします。駄目ですねねえ。情けないです。でも。愚作でもなんとか投句します。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「口実は夜涼み行くと送る駅」の批評

回答者 腹井壮

東次郎さん、こんばんわ。いつも御世話様です。なかなか思いつかない技ですね。確かにすぐ恋句と判断できました。私なら語順を変え「夜涼みは口実」にして「行くと」を省略する方法を検討してみます。参考になれば幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「口実は夜涼み行くと送る駅」の批評

回答者 かぬまっこ

「君」を使って詠んでみます。

🔷口実の夜涼み君を送る駅

ちょっと「口実は」の「は」が散文的な気がします。

「君」を使わないとするなら…。

🔷口実の夜涼みの道送る駅

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「口実は夜涼み行くと送る駅」の批評

回答者 北野きのこ

東次郎さんこんにちは。
私の投稿へコメントをありがとうございました。
また、松山俳句ポストの人選おめでとうございます!
「赤福」とは…やられた!という感じでした。
この一語だけでも状況や人物がすんなりと脳内に再生されました。

掲句も省略が効いており、とても素敵だなと感じました。
初々しい恋人達を想像しました。
「君」の側も、駅まで送ってくれる事について悪い気はしていないんだろうなぁ…

「行く」「送る」と動詞が畳み掛ける部分がせわしなく、意味の重なりもあると思うので、推敲できるかと思います。
腹胃壮さんの添削案に1票です。

それでは、今後もどうぞよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、北野きのこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

なんどでも出てくる蠅を叩けずに

作者名 佐渡 回答数 : 9

投稿日時:

火に油に煙り濛々のさんま

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

秋晴に刺された死体河川敷

作者名 和光 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『口実は夜涼み行くと送る駅』 作者: 東次郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ