俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天牛の飛んで金網抜けにけり

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

多分ベニカミキリだと思います。公園脇の金網の目をくぐってそのまま飛んで行ってしまいました。見たまんまで何の工夫もありませんが、ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「天牛の飛んで金網抜けにけり」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。描写の句ですね、深く読んでいくといろんな意味を込めていそうな、でも込めてないよーとちゃあきさんから返ってきそうですけど。
やはり「飛んで」「抜ける」の動詞ふたつがゆるいかもしれませんね。抜けるで飛んでることはわかりそうですし。長谷さんの句に一票です!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「天牛の飛んで金網抜けにけり」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。

御句について。

・「飛んで」から「抜ける」という語順だと、飛行している状態のまま穴をくぐっていった、曲芸飛行のような感じに見えますが、コメントからすると、飛ぶという動作は時間的に後のことのようで…。「飛んで」は要らない気がします。

 金網の目を天牛の抜けにけり

今後ともよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「天牛の飛んで金網抜けにけり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。見たままで工夫がないとおっしゃいますが、そんなことありませんよ。小さな生命の息吹を自然に感じることが出来て、私は好きな句です。

ただ、長谷さんもおっしゃっていますが、動作の順番について「?」と思いました。抜けて飛んでいったのであれば、次のようなのはいかがでしょうか。

・天牛の金網抜けて飛びにけり
・金網を抜けて天牛飛び去れり

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

バス停を過ぎる回送夜寒かな

作者名 世良日守 回答数 : 8

投稿日時:

野茨やフェンスに穴の空いており

作者名 イサク 回答数 : 10

投稿日時:

ほほえみしお地蔵様や夏鴉

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天牛の飛んで金網抜けにけり』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ