俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

空梅雨のビリケンさんの足のうら

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

記念日俳句、7/3は「通天閣の日」。

那智の滝に続き、行ったことのない場所の俳句だなあ。通天閣のイメージは「王将」(村田英雄の歌)と「ビリケンさん」くらい。
思い返すと、一度、「ビリケンさん」は、東京で展示されていたことがあって、見かけたことがあったなあ。撫でられ続けて擦れた木肌。善光寺の“おびんずるさん”みたくすっかり年季の入った縁起物になられて(本来は、アメリカ生まれのキャラクターで、そういう対象ではなかったらしいのだけれど)。

で、早々に中七下五を決めておいて、はて、上五にどんな季語を当てよう、と考える。

生活季語は端から除外(ビリケンさん自体が人工物なので、これに更に人の手になるものをぶつけても…)。
日当たりのいいところには置かれないだろうから、天文季語(雲とか月とか星とか風とか…)は難しいだろう。
かくも年がら年中鎮座ましますものに時候季語(「七月」とか「半夏生」とか)も意味不明だろう。
夏の動植物季語に当たってみるも、通天閣という観光地の建物内に置くとわざとらしく感じられたり(風蘭とかアマリリスとか、置けるだろうけどさ)、あるいは屋内にあるのが自然であっても不快だったり(蜘蛛、ゴキブリ、ムカデ、黴…)するものばかり。

いろいろ考えて、「空梅雨」。現在、いちばん切実な季語ではある。が、ビリケンさんに雨乞いしてるみたいだな…。

最新の添削

「空梅雨のビリケンさんの足のうら」の批評

回答者 たーとるQ

長谷さんこんばんは!
千葉県住まいのたーとるQはビリケンという名前しかしりませんので
・空梅雨やビリケンさまの足を掻く
なんて観光客そのままになりそうなところを「足のうら」までで抑えて後を想像させる。この空白の残し方が長谷さんらしいですね。
「空梅雨」というのもビリケンとの距離が近すぎずに良いと思います(梅雨晴れとかは明るいイメージになりすぎるので)。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「空梅雨のビリケンさんの足のうら」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。長谷機械児様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。私は大阪勤務時代も、通天閣のある新世界は行動範囲外でしたので、ついぞ訪れたことはありませんでした。
ビリケンさんは、少し前まで近所に「満まる」という大阪風串揚げの飲み屋があり、その店頭に飾られていました。そこで飲む時はもちろん、前を通るだけの時も足の裏を撫でていました(笑)。

そんなわけで、私としては「撫でる」という動作を入れたくなりました。
長谷さんは早々に中七下五は固めたとのことですので、私の提案句は単に私ならこんな風にするかなというものです。

・梅雨明けや足撫でられるビリケンさん

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「空梅雨のビリケンさんの足のうら」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

私は大阪ですが、でも通天閣は2回くらいかなあ。東京の人は東京タワー登らないみたいな。ビリケンさんは触ったことありますよー。
季語+の+名詞がぴたりくるかだけ悩みましたー。「や」がいいようには思ったのですが、それじゃ普通かなあ?

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「空梅雨のビリケンさんの足のうら」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

通天閣は幼いころに一回上ったきりです。何も覚えていません(笑)
付近には、仕事関係のつきあいで飲みに行ったことが数度ありますが・・・あれもう15年も前か・・・

さて御句ですが、まがりなりにもご神体扱いですし、生活季語でもいいんじゃないかな・・・と思いました。

・父の日のビリケンさんの足のうら

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「空梅雨のビリケンさんの足のうら」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは、拙句への添削どうもありがとうございます。蟷螂は夏だとばかり思い込んで、歳時記での確認を怠りました。恥を掻くのも勉強になりますね。(^^ゞ
御句を読ませていただき、足のうらに焦点を当てたところが、ビリケンさんの特徴を見事にとらえていて上手いなと思いました。雨乞いは面白いですね。それだと、やはり「や」の切れが入った方がいいのではないでしょうか。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初風やマリオカートを追うペダル

作者名 原みつ 回答数 : 3

投稿日時:

初夏の風ピアスを通り頬撫でる

作者名 かりさん 回答数 : 8

投稿日時:

切り分けた梨の白さや詫住

作者名 素風 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『空梅雨のビリケンさんの足のうら』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ