俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

透明な傘の梅雨をはじく音

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ビニール傘に弾ける雨の音は布製の傘の音と違って何だか楽しく感じました。ご意見よろしくお願いします。(梅雨=ばいう)

最新の添削

「透明な傘の梅雨をはじく音」の批評

回答者 負乗

ちゃあきさん、おはようございます🙂
「梅雨」は、その季節全体のことを言い、特定の雨の形ではないと思うのですが…
ここは別の季語で。
「透明な傘の驟雨をはじく音」
とか…

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「透明な傘の梅雨をはじく音」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

句意の本意は降り始めのビニール傘独特の「パラパラパラ」という乾いた音ですかね?

「梅雨をはじく」なので、雨粒ではなく抽象的な季節を弾いています。
なので「はじく音」も、受け手の想像で補われます。
狙ってないようですが、詩的でいいのではないでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「透明な傘の梅雨をはじく音」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさんお疲れ様です!
御句は最後の「音」という強調が効いていると思います。
たーとるQは「透明な傘」より「ビニール傘」で更に質感を出したい派なんですが、野暮ってもんでしょうか。

・ビニールの傘が梅雨をはじく音

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「透明な傘の梅雨をはじく音」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

傘が雨をはじく音。ならごくふつうの、つきまくりの句なのですが、梅雨をはじく音。となると、詩となり、透明も意味を持ち始めるような。
梅雨をはじく音、ってどんな音なんだろ。梅雨はどこかしらどんよりしてる気分の天候なのに、透明もはじくもこころなしか心地よいリズムをたのしむ感じなのかなあ。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

したためる一語ひとえに窓の雪

作者名 丼上秋葵 回答数 : 1

投稿日時:

鞦韆に乗る子の一人二人増え

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

居酒屋に主とはぐれし扇子かな

作者名 三男 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『透明な傘の梅雨をはじく音』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ