俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

泉汲む我を見つめる我ひとり

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題『泉』
いつもは自分の体験を詠んでいますが、泉なんて行ったこともないし近くにもないので、泉の写真を見て詠んだ妄想句になります。
句の内容は単純ではありますが、「泉に映る」とは書かずに泉に自分が映っていることがわかるかというところが気になったポイントです。
あと、この書き方で『泉』という季語が主役に立っているのか微妙なところです。

最新の添削

「泉汲む我を見つめる我ひとり」の批評

回答者 なおじい

つちやさん、こんにちは。
御句拝読しました。いい句ですね。
私も泉は手こずりました。昨年は単なる湧き水と思ってガシガシ投句しましたら散々でした。

私は御句、いいと思うのですが、最後の「ひとり」はとっつけたような感じがありますね。内容からして、間違いなく一人称の句ですから。

私は、

・泉汲む我を見つめる我のゐて

などいかがかと思いました。

しかしつちやさん、いい感じですよ!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「泉汲む我を見つめる我ひとり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

初読は単なる自省の感じかと思いました。
何度か読んで「もしかしたら、泉に映った自分といいたいのかなあ・・・」と思いました。その句意でよいようですね。

◆「汲む」という動詞と、中七下五が合っていない気がします。
◆「ひとり」という数詞は要りますか?
 「我を見つめる我」ですよね?
◆泉だから水面に自分が映る、というのがどことなく理窟っぽい気がして気になります。ただ、そういう句意なのでそこは置いておきます。

たとえば

・泉底に我を見つめる我のをり

説明的にするならこんな感じでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

枕して徒然草と小春かな

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

デリーへの左遷宣告秋刀魚焼く

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

オクターブ上げて応援秋の空

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『泉汲む我を見つめる我ひとり』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ