俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花曇り行く手阻んでにべもなし

作者 詩音  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

花見を予定していた日なのに曇ってしまった。
桜が素っ気なく「来ないで」と言っているようだ

最新の添削

「花曇り行く手阻んでにべもなし」の批評

回答者 なおじい

シオンさん、こんにちは。
御句拝読しました。
色の淡い桜の花は青空に映えますから、お花見を予定していたら、からっと晴れて欲しいですよね。そのお気持ちはわかります。

しかし「行く手を阻む」とか、「にべもない」とかの措辞は、ちょっと強すぎるかなと思いました。

残念だというお気持ちからの表現だとは思いますが、天気が思う通りでなくても桜のせいではないですし、素っ気ないわけでも拒絶しているわけでもないと思いますよ。桜が可哀想です。

むしろ、花曇りですから雨に降られたわけではないですし、暑過ぎず眩し過ぎない、程よい空模様だと思って楽しんではいかがですか?

と言っても、来年の話になりますが、桜はまた咲きますから!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花曇り行く手阻んでにべもなし」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
ちょっぴり厳しめになります。

花曇りが行く手を阻む、とは読めませんし、そう読めたとしても意味がわからないですね。
コメントを見てもわかりませんでした。
普通は曇っていても花見はできると思いますし・・・拒絶されていると受け取る意味もわかりません。
下五「にべもなし」も含めて、被害妄想・・・とも言えるような・・・

これは俳句なので、季語「花曇り」を愛でるべきだと思います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「花曇り行く手阻んでにべもなし」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

シオンさんこんばんは。
「曇り」が行く手を阻むっていうのは、少し大袈裟な表現だと思います。そこから「にべもなし」と強調されても……

点数: 0

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

指切りの小さな夢や花吹雪

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

もう一つ仕事増やした師走かな

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

お歳暮の熨斗書きの字も乱れがち

作者名 秋恵 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花曇り行く手阻んでにべもなし』 作者: 詩音
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ