俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

立ち話中断するや初時雨

作者 素一  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

立冬はまだですが寒いのでもう初時雨と先取りしました。

最新の添削

「立ち話中断するや初時雨」の批評

回答者 丼上秋葵

こんばんは!
布団の中から、おくらです。

眠い…。圧倒的に眠い…!
北島康介のような睡魔が目の前に迫ってきていますので、手短に💦

拙句「かすみ草」の句意を、丁寧に汲み取っていただけたみたいで、とても嬉しいです! 上司との今後も祈って下さったことと重ねて、心より御礼申し上げます。

私は自分の体験から得た、強い感動を元に作句するタイプなので、実際に見たものしか、句にできません。千日草様も私と同じタイプ、かつ、感受性が豊かでいらっしゃると思うので、作句のコツみたいなものさえ掴めてしまえば、ぽんぽん詠めるようになると思います。

私自身も駄句千遍だと思っているので、恥ずかしがらずにばんばん投句して、がしがし踏まれましょう。麦は踏まれて強くなるんじゃい!の精神で、お互い頑張りましょう。 

おやすみなさい(。-ω-)zzz

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「立ち話中断するや初時雨」の批評

回答者 大泉洋二郎

句の評価:
★★★★★

大泉洋二郎です。
よろしくお願いいたします。

ご指摘ありがとうございます。
松毬(ちちり)は晩秋の季語だと思っておりましたが勉強不足で失礼いたしました。
動詞を四つ使いましたこともお気に障りましたらすみません。

失礼ながら御句ですが「立ち話中断するや」と中断を強調される必要性があるのでしょうか。
また初時雨との距離感と申しますか取り合わせが機能しているのでしょうか。
力不足に輪をかけ恥の上塗りの感想でしたら申し訳ございませんがお礼までに疑問に感じましたことを感想として述べさせていただきました。

またご指導お願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、大泉洋二郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「立ち話中断するや初時雨」の批評

回答者 一本勝負の悠

句の評価:
★★★★★

立ち話//中断//するや(初時雨) 句意 立話をしていたら、(時雨)冬の俄か雨が降ってきたので中断しました、ということですね。 冬の冷たい雨に立話を中断するのはアタリマエです。 俳句はアタリマエのことは書かないのです。 面白いことを書くのが俳句です。 面白さには、いろいろあります。 例えば 穿ち、ヒネリ、発見、言回し等々。 どんな面白さでもいいと思います。 このへんを、考えながら、これまでの貴兄の句をすべて推敲されると、かなり良い勉強になると思いますよ。 頑張ってください。

点数: 1

添削のお礼として、一本勝負の悠さんの俳句の感想を書いてください >>

「立ち話中断するや初時雨」の批評

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

おはようございます!
昨夜は上司の送別会、
二日酔い気味のおくらです。

拙句「缶詰」の句、ならびに、拙歌「ロケット」の短歌にご意見を下さり、ありがとうございます! ご質問に、一つずつお答えしますね。

「暗る」は「くる」と読み、ラ行下二段活用の自動詞です。〈心が暗く沈む〉ですとか〈目の前が真っ暗になる〉という意味を持ちます。

拙句は「缶詰」に閉じ込められた「鰯」の気持ちに寄り添い、暗い牢獄の中からやっと出られたと思いきや、もう「口の中」、短い人生だった…(´;ω;`)という悲哀を詠んだ句です。安易な擬人化により、句意が上手く伝わらなかったのですね💦精進します。

いくら、夏井先生が偉大だとしても、一人の人間が、季語の読みを無理矢理変えることなどできないかと思われます💦

俳句歳時記 第五版 秋』角川書店
https://www.kadokawa.co.jp/product/321702000222/

上記の歳時記にも、掲載されていますが、「秋夕焼」と書いて「あきゆやけ」「あきゆうやけ」とどちらの読みも可能です。長年の使用で、季語独特の読みが生まれたのでしょうね。

一例を挙げると、群馬県榛名神社の「男根岩」のように、性器を神様として奉る性器信仰は少なくありません。今も昔も不妊治療でお悩みになられている方は沢山おりますし、子宝を望む、命を繋ぐ為のものとして「男根」を神聖視する気持ちはあって当然だと思います。不快な思いをさせてしまったのならば、そのことに対しては心より、お詫び申し上げますが、必ずしも「男根」が忌避すべき、汚いものだとは、私は考えておりません。

長くなりましたので、一旦切ります💦

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

「立ち話中断するや初時雨」の批評

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
改めまして、おくらです!

恐縮ながら、御句「初時雨」の句に、感想を述べさせていただきます。

この御句に対して私が申し上げたいことは、悠様がほぼすべておっしゃられてますね💦
切れ字の「や」はちゃんと効果を発揮しております。上五中七が「初時雨」を説明もしておりませんし、千日草様の句意もはっきりと伝わる、俳句としてはきちんとした形になっております。

ですが、御句「冬構」の句に感想を述べさせていただいた際、ちらっとお話したのですが、詩歌の世界では【⚪⚪だから⚫⚫になった】という明確な因果関係を提示することは特に嫌われています。

この句は【「初時雨」が降ってきたから、「立ち話」が「中断」になった】という、明確な因果関係が読み取れてしまいます💦

私もよくやってしまいます💦お互いに気を付けて、作句に励みましょう!

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

「立ち話中断するや初時雨」の批評

回答者 一本勝負の悠

句の評価:
★★★★★

せっかく私が大掃除したのに、今度は貴兄が威張りたくなったのですか? 相手の言葉を素直に受けとめ、自分の勉強に取り入れましょう!

点数: 1

添削のお礼として、一本勝負の悠さんの俳句の感想を書いてください >>

「立ち話中断するや初時雨」の批評

回答者 菊花

句の評価:
★★★★★

おはようございます
ご無沙汰しておりました☀️
菊花です。
何かのきっかけで、ふと立ち話が止む瞬間がありますよね。それが初時雨だった。それでも中断しただけで終わらない…よくあります。
◆立ち話早よう帰れと初時雨
これは私が家人からよく言われる台詞です😁

点数: 1

添削のお礼として、菊花さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大晦日パックの惣菜皿に盛る

作者名 坊坂ひとみ 回答数 : 2

投稿日時:

凍てる手に摘みし野草のあく強し

作者名 素一 回答数 : 5

投稿日時:

秋の昼白き項の君とRUN

作者名 HIGUMA 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『立ち話中断するや初時雨』 作者: 素一
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ