俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

いつまでも嫁の言いなり心太

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

取り合わせで
ところてんの感じだけで詠みました。
ご指導よろしくお願いします。

最新の添削

「いつまでも嫁の言いなり心太」の批評

回答者 鬼胡桃

こんばんは。
句を読みまして、なおじいさんとかぶりますが、上五のいつまでもが映像がなく、漠然と感じました。なおじいさんの添削句の中七をわたしなら[嫁のお小言]と考えました。
句を投句しましたので、コメントお願い致します。あと、コメントに記してほしいのですが、郁爺さんは季語を名詞とみなしてますか?活用形で連体形と終止形の事を考える時、2つが同じ形の時に季語を名詞と見なして良いのかと考える時が最近ありますので、意見をお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「いつまでも嫁の言いなり心太」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
入選おめでとうございます。私も言った手前ほっとしました(笑)

御句、取り合わせとしては悪くないとは思います。

はっきりと理由は言えませんが「いつまでも」「心太」のそれぞれに感情がこもりすぎているように見えるので、どっちかを変えるともう少しバランスよくならないかなあ・・?と思いました。

・いつまでも嫁の言いなりヒヤシンス
・定年後は嫁の言いなり心太

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「いつまでも嫁の言いなり心太」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

郁爺さん、こんにちは。
御句拝読しました。これは面白い!上手いですね。「嫁の言いなり」という措辞と心太がうまくマッチしています。

ただ失礼ですが、郁爺さんのおっしゃる「嫁」は、ご自分の奥さんのことですか、息子さんの奥さんですか?

これって大問題なのですよ。まず、私にとって嫁とは、息子の奥さんです。それ以外にありえない。

ですので仕事で大阪に赴任して、奥さんのことを「ウチの嫁が」というのを聞いて、はあ〜、関西ではそう言うのか、と驚いたものです。
しかしその影響か、関東でも最近は自分の奥さんのことを家内とか女房とか言わずに、嫁というのですよ。
郁爺さんの句ではどちらでしょうか(笑)?どちらであっても味わいがありますが。

私は、上五「いつまでも」が時間の区切りがわかりにくいと思いましたので、こう提案させてください。

・今日もまた嫁の言いなり心太

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏山や広野に映る雲の陰

作者名 やす 回答数 : 1

投稿日時:

木の芽吹く黄色い帽子ランドセル

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

散弾の弾けしオクラ丸一本

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『いつまでも嫁の言いなり心太』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ