俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

海明けし深海に陽の届きたり

作者 ワタナベシンイチ  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

オホーツクの流氷明けを謳った句です。
よろしくおねがいします。

最新の添削

「海明けし深海に陽の届きたり」の批評

回答者 なおじい

ワタナベシンイチさん、こんにちは。
御句拝読しました。オホーツクの流氷明けというのを初めて知りました。雪解けや山開き、あるいは海開きに似た感慨なのでしょうね。
そうしたら地域独特の風物詩をご紹介してくださっていい句だと思います。

ただ、上五の「海明けし」に違和感がありました。「海が明けた」という状況の過去形と思いますが、海明けしでは、あとに上手くつながりません。
げばげばさんの提案句がスマートでいいと思いますが、同じでは悔しいので(笑)、違うのを。

・海明けの深海に陽の届きたり

みんな一字違いですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「海明けし深海に陽の届きたり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
こちらは褒める方向ですね。

季語「海明け」を説明しない方がいいですよ・・・と思いつつ、でもなんとなく詩がある句です。

俳句特有の技法である「切れ」と「取り合わせ」を入れると形になりそうな気がします。
季語に取り合わせる相手を「陽」(日光)としてみます。あと、実際に深海を見ているわけではないですよね?ということで提案句を置いておきます。

・海明けや陽は深海に届くごと

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「海明けし深海に陽の届きたり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
げばげばと申します。

御句、ここまであがっている句で一番好きです。
「し」の過去連体形で「海があけた深海」と繋ぐところには違和感があるので、
海明けて深海に陽の届きけり
これで十分詩があるように思います。断定するのも上五からの因果の感じも違和感はあるかもですが、「けり」で着地してみました。これはこれで詩的と感じています。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

網棚にノート忘れた受験の日

作者名 かなで 回答数 : 3

投稿日時:

もう着れぬ山にため息衣替え

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

した事を少し離れて考える

作者名 翔子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『海明けし深海に陽の届きたり』 作者: ワタナベシンイチ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ