俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

若草よ倒るることをまだ知らぬ

作者 いらだ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

若者の新生活への希望に満ち溢れた様子と重ねて読みました

最新の添削

「若草よ倒るることをまだ知らぬ」の批評

回答者 なおじい

いらださん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。初読では「若草は、いずれ倒れる運命にある。それを知らずにいるだけだ。切ないなぁ」という句だと思いました。私は、若草とはいえ別に倒れるとは限らないのではないか?と思いましたが、人それぞれですのでそういう考えもあろうかと。
そしてご自身のコメントを拝読。すると、「若者の新生活への希望に満ち溢れた様子と重ねて」とありますね。それであれば、もっと率直にエールを送ってあげたらいかがかと思いました

・若草よ倒るることを恐れるな

こんな感情剥き出しの句は俳句の本来の姿からは遠いと思うのですが、一例として出させていただきました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「若草よ倒るることをまだ知らぬ」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

初めまして。たーとると申します。
私も初心者ですが、それでよろしければ…
御句は基本的な型を意識しており、初めてのお方とは思えない表現力があります。若草が伸び伸びとしておりますね。

今一つなのはまず「よ」という切れ。ちょっと弱いのでここは更に切れの度合いが高い「や」にするか、叙述的に「は」とするのが良いでしょうか。

もう一つが「知らぬ」。「ぬ」は連体形となりその後に「こと」が付く形のため、「ず」と終止形にして終わらせると切れがまた良くなります。
→若草や倒るることをまだ知らず
→若草は倒るることをまだ知らず

更に、御自身(?)新生活の希望もかけているのであれば人も加えたほうが若草が生き生きとしてくると思います。
→倒るること知らず若草も我も

次回もまたよろしくお願いします

点数: 0

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「若草よ倒るることをまだ知らぬ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして。

御句。取り合わせととるよりは、
倒るることをまだ知らぬ若草よ
の倒置として読みました。こういく形もあるかなあとは思います。
何かモノを下五に置いて取り合わせる形もあります。

若草や倒るることを知らぬ馬
若草や倒るることを知らぬ亀

ただ、こうすると中七が説明で、何か教訓感が出るような。馬、亀を別の措辞にすると添削ではなくなるので、エールとして原句のままいただきますね! 

昔の拙句を思い出しました。
亀の子の七転び十五起きかな

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「若草よ倒るることをまだ知らぬ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です!
馬や亀を置いて、何か具体的な動物のイメージが詩を損なって教訓にしてるっぽいです。もうそのものにしてしまいました。まだ教訓?

若草よ倒るることを知らぬ詩よ

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「若草よ倒るることをまだ知らぬ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

一見「希望に満ち溢れた様子」を伝えているようなのですが、「まだ」で「いつかは倒れる」ということを示唆してしまっており、少し不穏な内容です。

そして受け取り方を迷っておりまして
「若草は倒れることをまだ知らない」という意味でいいですか?
「倒れることをまだ知らない若草たちよ」という呼び掛けですか?
どっちつかずにしていることで、句にも曖昧さを感じるような。

ご自身の言いたいことと俳句の内容が合っているかどうか、再度推敲してみてください。

・倒るること知らず若草輝かむ

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蜘蛛の囲の顔にかかるや今朝の秋

作者名 森田 広務 回答数 : 2

投稿日時:

夏の日のアンパンマンにかけてみる

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

さんざめく海床路の灯の涼し

作者名 幸福来々 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『若草よ倒るることをまだ知らぬ』 作者: いらだ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ