俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

三川をうしろに北へ雁の棹

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

濃尾平野をあとに整然と。

最新の添削

「三川をうしろに北へ雁の棹」の批評

回答者 北あかり

久田さん
コメント、添削ありがとうございます。
語順、私も悩みました。
添削句の「除雪機唸り青空へ放物線」の順ですと、
除雪機が飛んでって放物線を描いたような映像になるのかと思いました。
またコメントよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

噴煙は大地の呼吸冬の月

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

鴉のみ知る夕焼けや歌舞伎町

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

水鳥や西に向かって冬支度

作者名 会田美嗣 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『三川をうしろに北へ雁の棹』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ