俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

波の如くたなびく群れの五月鯉

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

隣町の川に何本かの綱を張って無数の鯉のぼりが風を受けて泳いでいます。

最新の添削

「波の如くたなびく群れの五月鯉」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。
詠み直しの句があがっているのは知っていますが、そちらより本句がいいと思いますのでこちらにコメントさせていただきます。

私は次のように詠んでみました。

・波のごとたなびく五月鯉の群れ

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

涅槃図を前に老人まなこ閉づ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

アリゾナの山も笑うや侍勝つ

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

濡れ垂る菜の花雨の月曜日

作者名 まーやん 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『波の如くたなびく群れの五月鯉』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ