俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蜃気楼古びたナイキのスニーカー

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

取り合わせに
初チャレンジしました。
距離感や発想
季語の映像のあるなしなど
これから勉強していきます。
作句の上で必要不可欠なので
投句どんどんしていきたいと思います。
今回は感覚で作りましたので
すいません
作句の意図は説明できません
ご指導よろしくお願いします。

最新の添削

「蜃気楼古びたナイキのスニーカー」の批評

回答者 たーとるQ

いくさんこんにちは。
今回は長い固有名詞を取り合わせた勝負を感じる句ですね、こういうの好きです。

長谷さんなどもおっしゃっていますが、「古びた」「ナイキの」など俳句のリズムを崩してまで入れたい情報なのかというのは吟味する必要がありそうですね。こういう真正面からの取り合わせだと特に気になってしまいます。

ところで蜃気楼をスニーカーと合わせた目論見はどういうの何でしょうか。蜃気楼が見える場所まで走ってみようとかですかね

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蜃気楼古びたナイキのスニーカー」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

いくさん、こんにちは。

御句について。

・中八は解消したいです。
・初チャレンジ(?)の取り合わせの季語に「蜃気楼」というのは、実にチャレンジングな…。私はこの季語で作句したことがまだないですが、この語一語を取り合わせに使うなら、下に置いた方が良いように思います。
・スニーカーと蜃気楼の距離は、私の感覚では、随分遠いと感じます。陸の手近な物と、海の遠景。この両方を名詞(体言止め)でぶつけるのは難しいかと(視点が定まらない、と言われそうなところ)。

 スニーカー履き潰したり蜃気楼

「納骨の高僧傍にきらん草」「春雨や俥夫疾走の渡月橋」…このあたりの句は、取り合わせなのでは?

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜃気楼古びたナイキのスニーカー」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

先に出ていますが、単純に物理的距離が遠くて、視点移動が大変ですね。
蜃気楼は地平線・水平線というレベルの遠さ、対してスニーカーなら足元なので・・・

取り合わせのチャレンジは、やろうと思えば何でもできるので・・・良い取り合わせとその解説をできるだけ多く見て、ダメな取り合わせも研究してみてくださいね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜃気楼古びたナイキのスニーカー」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。取り合わせって、大体「近い」「つきすぎ」ということについて最初のうちは悩むものです。どうしても関係のあるものと季語を取り合わせたくなるものですし。
でも、今回のいくさんの場合は「遠い」または「足元から遠景への視線誘導」がテーマになったわけですから、離そうという意識は強くあるのかなと認識しました。
そうなれば、あとは、そのバランスで、ぴたっとくるところを模索ですね。取り合わせ一本勝負のときは。イサクさんのおっしゃるように、佳い悪い取り合わせをいろいろ見てみる、ということですよねー!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜃気楼古びたナイキのスニーカー」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

あ、再訪です。
たしかに取り合わせは初めてではないですね(^^♪
季語のみを描く一物に対して、季語と季語に関係ないものをぶつけるのは取り合わせですから、
最近で言うと、「暖か」と「リコーダー」だって取り合わせではあります。いくさんの中では、暖かい日にリコーダーを吹いているという関連性で詠んでるのかもですが、「暖か」という季語と「リコーダーに小指が届かない」ということを合わせてるので、取り合わせです。
私のところで卓鐘さんのナンの話が出てきたので、
「はみ出てるナンをちぎったら」と「鐘霞む」と、つながりがないことを因果関係で結んでたので、まったくつながりがないことを因果でつなぐことを取り合わせと思ったのかもしれませんが、季語と季語以外をぶち当てるともう取り合わせと言えます。
そういう意味で、今回も蜃気楼とスニーカーちょっと離れた季語の斡旋になったのかもですね!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜃気楼古びたナイキのスニーカー」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

いくさん、こんにちは。
御句拝読しました。
取り合わせは私はコメント難しいので他の方々にお任せして、別の点からお伝えしますね。

まず、絶対必ずではないですが、五文字の季語を上五に置くと三段切れになりやすい気がします。
四文字季語を「や」で切っても同じことですが、四文字季語は下五には置けませんが、五文字なら置けます。

次に、御句はうっかり中八だと思いますが、「ナイキの」と固有名詞だと削りにくいですよね。
このスニーカーはどなたのですか?持ち主により「君の」「吾子の」とか。
特別にブランドに意味があるのでなければ、こだわらなくてもいいのではと思いました。

提案句ですが、私は、季語を「陽炎や」にして(もう少し身近に寄せて)、さらに「ナイキの」を吾子にして、この春から革靴を履くようになったに我が子の、過ぎ去った学生時代を懐かしんでいる父親の句と詠みました。

・陽炎や古びた吾子のスニーカー

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜃気楼古びたナイキのスニーカー」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ。

俳句には、有季定型俳句は、基本的に「取り合わせ」か「一物仕立て」しかないです。その句をどっちの句だと取るかは、諸説ありグラデーションもありますが。
取り合わせ=季語とそれ以外の物を並べたもの ではないです。という事で、望潮以外のいくさんの句は全部取り合わせですよ^^

ただ、この形は季語と全く関係ない別のものをただただおいただけで衝撃が生まれる事を真っ向勝負で狙ったタイプの形。そういう意味での初挑戦ですね。

このタイプのガチな取り合わせは僕も苦手なのですが、うまく行ったかどうかを判定する一つの考え方として、季語を変えてみる事でどう違うか?を考えてみる事をお勧めします。変えたところで、そこに出てくる詩情が変化しない大差ない場合、「季語」が動くと言います。うまくその季語を句の世界に生かしきれていない。

惜春や古びたナイキのスニーカー
春風や古びたナイキのスニーカー
夕焼けや古びたナイキのスニーカー
夕凪や古びたナイキのスニーカー
秋風や古びたナイキのスニーカー
風花や古びたナイキのスニーカー
初虹や古びたナイキのスニーカー

何か、言いたい詩情が変化しますでしょうか?なんか哀愁や憂いはかなさがあるものならなんでもいいという感じになってないでしょうか?
「古びた」「錆びた」「鄙びた」(私もよくやってしまう)とかなんかノスタルジックになりそうなものは結構要注意で、しっかり季語選ばないと動きまくります。。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鬼か蛇か節分の砲鳴バンタンの音

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

柿剥くや衛星回るごとく剥く

作者名 感じ 回答数 : 5

投稿日時:

三匹の恋の駆け引き蠅のとぶ

作者名 竜子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蜃気楼古びたナイキのスニーカー』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ