俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白飯に眼鏡がくもる春の朝

作者 しゅうこう  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一旦型から外れてみました(笑)
炊き立てのご飯は美味しいな、と言う感じを詠んでみました。
ご意見いただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

最新の添削

白飯に眼鏡曇らせ春の朝

回答者 秋沙美 洋

初めまして。

「レトログラス」からの9句をざっと拝見しましたが、投句の度に洗練されていく感じが凄いですね。やはり型の力は強いもので、基本に忠実に勉強する姿勢は僕も身が引き締まる思いです。

御句、既に指摘は出ていますが現状では散文の語順なので、上五中七で色々なパターンを検討したく思います。
ただ実感を素直に詠んでいる感じは好印象です。下手に奇をてらわず、素直な詠みを続けてください。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白飯に眼鏡がくもる春の朝」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。よくある光景にしっかり目を向けて切り取るということがいいですね!
叙述型になっているので、語順替えますか?
白飯にくもる眼鏡や春の朝

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「白飯に眼鏡がくもる春の朝」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
御句、「5音の季語と残り12音で季語に合う文節を作る」だったり「日常の小さなことに視点を当て考えてみる」と、俳句の基礎をきっちりお勉強なさっているのがわかります。しゅうこうさんは凄く律儀な方です。

添削に関してげばげばさんと同意見です。ただ「言っただけ」では詩情が生まれにくいというのが俳句の難しいところですね…

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「白飯に眼鏡がくもる春の朝」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ

すごいいいですねこの句。僕は大好きです。「春の朝」が五音でなければ後ろに「かな」があるところですね。
私的には、やや叙述的ではあるこのままが春の雰囲気がよく出て好きです。曇った眼鏡をアップにしたいんじゃなくて、曇った視界もまた春の気分ですから。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「白飯に眼鏡がくもる春の朝」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

しゅうこうさん、こんにちは。
相変わらず勉強熱心でいらっしゃいますね。なんだか期待の星。

さて御句拝読しました。これはいいと思います。私も眼鏡をかけているので、寒い季節にはレンズが雲って困ります。それはイコール、まだ気温が低いということなのですよね。それを、「まだ寒い」とか言わずに「春の朝」とあっさりと言い切ったところが気持ちいいです。

このままでも自然でいいとは思いますが、げばさんの提案句であれば、より俳句っぽくなると思います。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「白飯に眼鏡がくもる春の朝」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この句は中七は連体形で、切れなしで繋がってますか?
繋がっているならば、卓鐘様のような捉え方になり、全ての意味を下五季語「春の朝」が受け止める句になります。

中七が終止形で切れているならば、「メガネがくもる」という状態と「春の朝」の二物のとりあわせになります。
が、取り合わせならば「メガネがくもる」という散文的表現よりも、「くもるメガネ」というモノへ焦点を合わせた方がいいと思います。
すると、げばげは様の提案句のようになります。

あとは、上五「白飯」の生かし方なのですが・・・
そもそもどちらの意図で句を作りたかったか、というところになりますね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

我に伸し掛る深夜の羽根布団

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

本物か疑い物かは句が決める

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

春来るや洗濯の香のやさしくて

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白飯に眼鏡がくもる春の朝』 作者: しゅうこう
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ