俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

放らるる都会の雪やマンホール

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

マイナーチェンジしました。

最新の添削

「放らるる都会の雪やマンホール」の批評

回答者 ハオニー

マンホールをこじ開けて雪を投げ込む、というのは危険な行為だと認識しているハオニーです
汚水も雨水もこじ開けてはならんのです

マンホールに関して語ると長そうなので俳句の感想を...
言葉の経済効率がよくないですね...
都会に関する描写が入れられそうですし、「放らるる雪」は「雪かき」じゃないのか?と考えることも出来ました

季語含む12音のフレーズ)+(季語ではない5音)となっていますが、バランスが季語の方に偏っています

バランスを取りやすい型にして...
雪かきや都会に堅きマンホール

腹胃壮様へ
もし間違っていたらごめんなさいなのですが...
おそらく雪を投げ込むのはマンホールではなく側溝かと思います

雪捨て場に雪を積むことはあるようですが、マンホールの上は避けるそうです
本当に開けなくてはならなくなる万が一を考えてのことだそうです

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「放らるる都会の雪やマンホール」の批評

回答者 白井百合子

腹胃壮さんこんばんは。いつもコメントありがとうございます!
たくさんの雪はうれしくありませんね。
マンホールのふたは自分で開けるのですか?
落ちないように気をつけて下さいね。それから
春浅しの私の句を色っぽく素敵な句してくれてありがとうございます。
ああこんな風にすればいいのかと感心しきりです。

点数: 1

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

「放らるる都会の雪やマンホール」の批評

回答者 虚俊

「放らるる都会」の必要性をあまり感じません修正前の句も拝見致しましたが何を言いたいのか不充分なまま投稿してしまったのかなと
マンホールの上には雪は積もらないということであれば都会に限らず地方でもマンホールの上は滅多に積もりません
都会と言わずに自分や周りの光景に充てるべきかと

点数: 1

添削のお礼として、虚俊さんの俳句の感想を書いてください >>

「放らるる都会の雪やマンホール」の批評

回答者 あつこ

腹胃壮さん、おはようございます。

雪夜のココアに添削ありがとうございます。
動詞と切れ字の位置でこんなに良くなるのですね。

私はこのマンホールよく分かります。
実際見たこともあります。
雪にかかってくるから「や」はこの位置で収まるのでしょう。
勉強になります(^-^)

点数: 1

添削のお礼として、あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

湘南や帽子飛ばされ夏が去る

作者名 渡 弘道 回答数 : 3

投稿日時:

青き葉のなぜに落つるや秋暑し

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

寡黙なる恩師と語る屠蘇の酒

作者名 鳥越暁 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『放らるる都会の雪やマンホール』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ