俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春蘭やひと株庭の宝物

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

我が家の狭い庭、千両の枝の陰に蘭の一種の海老根蘭が一株だけ咲いた。

最新の添削

「春蘭やひと株庭の宝物」の批評

回答者 げばげば

こんばんは!
再訪です。
イサクさんの解説、これです!私のでは伝わりづらかったので、ありがとうございます!

イサクさんの風は、蘭の匂いも立って来ますね。
私は雨上がりを足してみますか。
春蘭のひと株に雨つぶ眩し

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春蘭やひと株庭の宝物」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

上五「や」で切る句というより、
春蘭のひと株、ですよね。春蘭のひと株庭の宝物

春の蘭のひと株は庭の私の宝物です~。という「私の宝物」というのが詠み手の感想になっているのが惜しいです。下五に工夫がほしいですね。春蘭の描写にいくのか、要素を足すのか、です。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「春蘭やひと株庭の宝物」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

げばげば様とほぼ同じことを、言い方を変えてコメントします。

俳句の【切れ字】は文字通り文章を切る効果があります。この句では「春蘭」と「ひと株庭の宝物」を作者の意図で【や】で切りに行っています。
ですが、この句は【や】の前後で同じもの(「春蘭」=「ひと株」「宝物」)ですよね?だから【や】で切らずに「の」などの助詞でつないだ方がいいのでは?ということです。

そしてこの句の「宝物」とは「大切なものであるよ」という作句者の主張で、そこに客観的な風景がないので、五音分の損をしているということです。
「春蘭ひと株」とわざわざ出しているので、作者には大切なものかもしれないなあ・・・というのは想像できそうですので、五音を風景が膨らむようなことに使いたいですよね。
風を足してみましょうか・・・

・春蘭のひと株へやわらかな風

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

さくら咲く父を思ゐて床につく

作者名 やす 回答数 : 2

投稿日時:

春光や陛下と共に歳重ね

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

カメムシのかほりが通るシンクに泡

作者名 風花 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春蘭やひと株庭の宝物』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ