俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春山や鵠沼蘭の群生地

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小高い山に絶滅危惧種のクゲヌマランがたくさん咲いた。

最新の添削

「春山や鵠沼蘭の群生地」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

詩情というのは難しいものですね。
春山に鵠沼蘭の群生地があります。という事実をどう詩にするかという部分が悩ましいところです。気持ちわかります!夜の景になりますが。

春の山鵠沼蘭の灯る山

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春山や鵠沼蘭の群生地」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

おじさんさん、こんにちは。

一旦、春山と蘭で季重なりという点はおいておきますが「鵠沼蘭の群生地」だけだとただ図鑑の説明のようで俳句らしさがあまりない気が致します。
→春山や鵠沼蘭そこここに萌ゆ

また、春山というのが何処かを明らかにすれば「蘭」がさらに生きてきます(蘭は秋の季語ですが)
→○○山鵠沼蘭そこここに萌ゆ

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「春山や鵠沼蘭の群生地」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
しったかぶりなイサクです。

「~蘭」という植物は数多あり、すべてが季語というわけではないです。
例えば「胡蝶蘭」「鈴蘭」「紫蘭」「竜舌蘭」「徳利蘭」すべて別の種類の植物で、明確に季語なのは「鈴蘭」「紫蘭」の二種のみ。
単独で「蘭」と使った場合は秋に咲く蘭限定の季語ですが、上記とはまた別の種類です。
むかしの人が植物の和名に「~蘭」と付けてしまった植物は多種多岐にわたるので、いちいち確認せねばなりませんね。

「鵠沼蘭」を季語としている歳時記は確認できていません。が、調べたところ「銀蘭」(晩春の季語)と植生が近そうで、日本に自生しており、花の時期も晩春・初夏頃と特定できそうです。
今は季語とは言えないとは思います。が、季節性はあり、季語として扱われてもおかしくなさそうですね。

うんちく追加。似た話で「桜」「秋桜」「芝桜」「栂桜」は別の植物ですし、動物では「鯛」「石鯛」「甘鯛」「舞鯛」は別種の魚で別の季語です。

句の方ですが、たーとる様の言うとおり中七下五「鵠沼蘭の群生地」と言っているだけの句で、どこに「詩」を出しましょうか?という状態です。
上五季語、中七下五、両方にひと工夫欲しいです。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

暑き日に張り付く友を引き剝がす

作者名 東人キャサリン 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

梅雨明の暑さや異常情け無し

作者名 ハム 回答数 : 4

投稿日時:

きららなし村を出でゆく春の川

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春山や鵠沼蘭の群生地』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ