俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

棟内の外に出られぬ蝶々かな

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句の世界をもっと自由に飛び回りたいという自分の心情を、仕事中に作業棟の中に飛び込んで来た蝶々に重ねてみたのですが・・・ ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「棟内の外に出られぬ蝶々かな」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句。自分の状況の暗喩でしたか!
自由への渇望の句には感じましたが😆自分の句作のことでしたか!
いやあ、ここまでの毎日投句、細かい視点での光景の切り取り。自由に自由に飛び回ってるように見てますが、そうじゃないのですかね?

棟内の外というべきか、棟の外、で足りるか、棟を出られぬ、で足りるか、により、まだ何かできるかもですね!

棟の外出られぬ蝶の◯◯◯◯◯
蝶の描写とか
作業棟出られぬ蝶の◯◯◯◯◯
棟をもう少しすらに見せにいくとか。
ですね!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「棟内の外に出られぬ蝶々かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

うーん、上五中七の言葉の選択がおかしいです・・・
「棟(内)を出られぬ」もしくは「棟の外へ出られぬ」でしょうね。

「○○○○○棟を出られぬ蝶々かな」
「棟内を出られぬ蝶の○○○○○」と、五音別のことに使えます。

・作業棟の広さを測る蝶々かな (パクリ句)

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雷鳴に怯え牛舎の夜の鬼哭

作者名 猫田砂鉄 回答数 : 2

投稿日時:

枕頭に咳止め備ふ寒夜かな

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

冬晴れに心清しや朝餉時

作者名 游歩人 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『棟内の外に出られぬ蝶々かな』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ