俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

散る桜そっと手にとるこの笑顔

作者 青山五郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

公園の桜の木の下で遊んでた子供達が散って行く桜の花弁を手に取り喜んでいた。延々とやっている様が可愛いかった。

最新の添削

はしゃぐ子や舞い散る桜手に取りて

回答者 森本可南

こんにちは。ジャイアンさん。桜を手にして、笑顔なのは、誰なのか、わかりませんでした。
コメント読んで、意味がわかりました。
情景が浮かぶような句だといいですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

野鳥園潜るも浮くも浮寝鳥

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

海面に羽ばたき飛んで秋の鳶

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

投稿日時:

馥郁と闇に香るや水仙花

作者名 おうちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『散る桜そっと手にとるこの笑顔』 作者: 青山五郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ