俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花の道行く手さえぎる立看板

作者 いつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いまいましい立看板です

最新の添削

「花の道行く手さえぎる立看板」の批評

回答者 なおじい

芦川次郎さん、こんにちは。
御句拝読しました。
お花見をしながら歩いていたら、意にそぐわない立て看板があったのですね。
なんとなくわかる気がしますけど。

俳句は読み手の想像に任せる文芸だ、と言われます。とにかく光景を描写して、それを読み手がどう思うかは読み手に委ねよう、というスタンス。
御句の立て看板もこのスタンスでしょうか?
いや、ここはもう少し映像を絞った方が、読み手がまごつかない、悩まないと思いますよ。

・花の道ここより先は有料と
・花の道なぜかこの先工事中

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花の道行く手さえぎる立看板」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

芦川様 こんにちは。いつもありがとうございます。
御句は同じようにコロナ禍で花見ができないということでしょうか。
下五が字余りなりませんか。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「花の道行く手さえぎる立看板」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

中七「行く手さえぎる」が説明で、どうして「立て看板に行く手をさえぎられたと思った」のかわかりにくいです。
「車進入禁止」とか「この先私有地」とか、人生経験からの推測はできますが、ちょっと映像が曖昧かと・・・

・花の道誰かの捨てた立看板

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

葱のごとあなたに甘く煮られたし

作者名 北野きのこ 回答数 : 5

投稿日時:

ミネラルの音秘かなるや紫陽花

作者名 こま爺 回答数 : 8

投稿日時:

がはがはと飛び入る河の冷やかさ

作者名 げばげば 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花の道行く手さえぎる立看板』 作者: いつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ