俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

菩提寺に眠る祖父母や花ミモザ

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日は、母方の祖父母の墓参りで浅草の菩提寺まで出掛けました。ミモザの黄色い花が見事に咲いていました。ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「菩提寺に眠る祖父母や花ミモザ」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは
中七を変えか「菩提寺」を消して祖父母様を入れることをご提案したいです。
菩提寺を生かすならば、その時の情景を詠んだらよいと思います。例えば
◆菩提寺で手桶の重さ花ミモザ
◆菩提寺の砂利に足音花ミモザ
など。
祖父母様を生かすならば
◆亡き祖父母語る想ひ出花ミモザ
◆亡き祖父母に会ひに来たよ花ミモザ(破調)
なんてどうでしょうか

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「菩提寺に眠る祖父母や花ミモザ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

これも記録俳句としてはこのままでよいのですが、
俳句という詩をきちんと作っていくのならば「眠る祖父母」の部分を変更したいですよね・・・
「自分の祖父母が眠っている」という報告的な紹介ではなく、菩提寺と花ミモザをかけあわせて詩に表したいです。

「菩提寺」と出て来たら、ご先祖が眠っていることはわかりますし、その上で、「祖父母が眠っている」を詩に組み込めるのなら、それはそれでよいのですが。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「菩提寺に眠る祖父母や花ミモザ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

ちゃあきさん!土手の添削ありがとうございます😆春雨の土手や、の切れいいですね!助詞ひとつでの劇的添削勉強になりました!めちゃいいです!!

御句。いい句ですね!祖父母さまへの思いが伝わります。
一方で祖父母が眠るというのは、菩提寺の説明感はあります。なぜ菩提寺に行ってるのだろ、先祖の位牌に手を合わせにいった彼岸だろうかな花ミモザだし、と想像したいですね。
そういう意味でも、菩提寺の様子や花ミモザの様子に措辞を使いたいです!たとえば

菩提寺へ花ミモザ降る夕まぐれ

あえて中七季語にしてみましたが、
実景からまだまだ拾えるかなと思います。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「菩提寺に眠る祖父母や花ミモザ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。いい句ですね。私はミモザ好きなんですよ。よくぞ合わせてくださいました(笑)。

さて、私は、「菩提寺に眠る」がちょっと気になりました。なぜなら、菩提寺に眠るのは当たり前、ご先祖が眠っているから菩提寺なのでは?
これが、「知らぬ寺に眠る祖父母」というのでは困ってしまいます。

「浅草寺に眠る〜」というのであれば、知名度のある地名を示しますからいいかもしれませんね。

私は、「菩提寺」をやめて、次のようにしてみました。

・この下に眠れる祖父母花ミモザ

別案は、

・この下に眠る祖父母や花ミモザ
・石の下眠る祖父母や花ミモザ

最初に浮かんだのは「石の下」でしたが、三段切れになるので「この下に」としました。「石の下に」とする手もあるのですが…。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

対岸に朱を散らしたり彼岸花

作者名 よしはむ 回答数 : 3

投稿日時:

シーパップの短き夜にも高鼾

作者名 感じ 回答数 : 0

投稿日時:

湿気取る梅雨入り銀の腕飾り

作者名 孫春艶 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『菩提寺に眠る祖父母や花ミモザ』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ