俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

土用干し一粒づつの品定め

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一粒づつで梅干しと分かってくれますか?
コメント添削お願いいたします。

最新の添削

「土用干し一粒づつの品定め」の批評

回答者 桜子

こんにちは🌞
土用干しの意味を知らず調べて意味がわかり心にストンと落ちました。
少しニュアンスが変わってしまうかもしれませんが、

土用干し梅一つずつ品定め

でどうでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「土用干し一粒づつの品定め」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃腕を挙げましたね🎵景色が見えますよ✨私も浸けた梅を干したので、よく分かります🎵梅を一粒ずつ返すときに品定めしてますね。(*^^*)🎶ただ「一粒つづ」ではなく「一粒ずつ」ではないでしょうか❔間違っていたら、ごめんなさい。m(_ _)m

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「土用干し一粒づつの品定め」の批評

回答者 塩豆

いつもお世話になります!
私「土用干し」という言葉を今知りましたので当てになるかどうか分かりませんが、やはり梅干と言ったほうがいいと思いました。そうなればもう、上五は「梅干の(や)」みたいな感じでいいのかなと、そう思いました。「土用干し」に何かを託しているのならすみませんですが…。

点数: 2

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「土用干し一粒づつの品定め」の批評

回答者 かぬまっこ

塩豆さんのコメントを読んで調べました。
土用干は衣類や書籍などを土用に干すこと。「梅干す」も季語なのでこちらを使った方がよいと思います。今年は梅雨明けが早かったので土用を待たずに梅を干しました。🎵(*^^*)🎶✌

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

流木のオブジェに積もる春の雪

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

年の夜や削除せられじ句読点

作者名 ねぎみそ 回答数 : 4

投稿日時:

灯台の下に飛沫や春の潮

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『土用干し一粒づつの品定め』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ