俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

練習に戻りラガーの脚となる

作者 虚俊  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ラグビーが季語なのか!と驚き、早速練習を見させていただきました。
少し練習をしてコーチの話を聞き、再び練習をするというサイクルで練習していたんですが、話を聞いた後だと動きが全然違うんです。テレビで見たようなあの動きに近づくんです。
最近はどうも理屈で俳句を詠むきらいがあるとリアルの方でご指摘いただいて、できるだけ素直に詠むようにしているんですが…
添削お願いします

最新の添削

「練習に戻りラガーの脚となる」の批評

回答者 ハオニー

スポーツはほとんど出来ず体育の成績が低すぎたハオニーです

これは描きたいテーマはユニークで面白いのですが、その分振り回されやすいですね
野球やサッカーなどと違って、詠まれた句が少ないことも影響していると思います

私は、怪我で練習を休んでいたラガーが全快して復帰した句かと思っていました
表現したいこととできたことの差に、理屈どうこうが関わってくるのでしょう

「練習に戻り」が説明のフレーズです
ここを削って「ラガーの脚」の映像化を丁寧にやると、見たままの句に近づくでしょう

参考程度にどうぞ
影落ちてもラガーの脚の蹴るライン

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「練習に戻りラガーの脚となる」の批評

回答者 腹井壮

虚俊さん、こんばわ。

確かにラグビーもサッカーも冬の季語ですね。
ラグビーの先行句を見てみるとプレーしている景を切り取った句が多く練習自体を詠んだ句はあまり無さそうでした。

ですので着眼点は良いと思いますが自分には引退したばかりの元選手が後輩の指導に来て一緒に汗を流している光景に読めてしまいました。

コーチの話を聞くそして体を動かす練習をする。これを細かく繰り返す事を知らない人にはなかなか伝わらないと思うのですが。

理屈で詠むというのはいわゆる「機知の句」なのか因果関係を説明しただけの句なのか判りかねますが俳句でスポーツを詠むのはなかなか難しいですよね。

実戦や練習のある一瞬を切り取るか何かしらのストーリーを加えるのがスポーツ俳句のコツのような気がします。

添削例ではありませんしスポーツ俳句と言えないのですが一句

悪役のレスラーの傷秋深し

失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

点滴の音なきリズムちちろ虫

作者名 たけたけ 回答数 : 1

投稿日時:

クリスマス屋根裏隅も探しをり

作者名 ドキ子 回答数 : 2

投稿日時:

トロピカルハイビスカスのゼリーかな

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『練習に戻りラガーの脚となる』 作者: 虚俊
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ