俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

氷嚢になづさふ春の風邪籠

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏の風邪は厄介といいますが、花粉症と見せかけて、春風邪も厄介ですよー。

ちょっと大袈裟措辞。
みなさんご意見をよろしくお願いします。

最新の添削

「氷嚢になづさふ春の風邪籠」の批評

回答者 佐渡

げばげば様 貴重なご指導ありがとうございます。励まされます。

つばきの花が花弁が散らず花ごと落ちる様を詠んでみたい思っていました。
これからもよろしくご指導お願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「氷嚢になづさふ春の風邪籠」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・お礼が遅れましたが、コメントありがとうございました。
御句・・なづさふという私には初めての言葉や籠りを春に持ってきたなどよく工夫された句と思いました。「なづさふ」が分からなかったので、ネットで見ましたら、1 水に漂う 2 なじむ という意味がありました。1の意味ならとても面白い句、2の意味なら悪くないですが、平凡な句というのが感想です。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「氷嚢になづさふ春の風邪籠」の批評

回答者 ふり

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございます。
なかなか思い通りの句が出来ず、もどかしい限りです。
毎回、皆様に手直しして頂いて納得しています。
俳句を始めたばかりですが、自分がいかに知らない言葉が多い事かと感じています。
御句でも勉強させて頂いております。
これからも宜しくお願い申し上げます。

点数: 1

添削のお礼として、ふりさんの俳句の感想を書いてください >>

「氷嚢になづさふ春の風邪籠」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

再訪です。
採らなかった最大の理由は、第二の意味の「なじむ」と考えたのではないでしょうか。そうすると、風邪がなかなか抜けきらす風邪で籠ってしまったという平板な意味になってしまいますので。もう一つ考えられるのは、籠るが春の風邪には重すぎるという感じもあるように思います。いずれにせよ、げばさんの感性が分かっていれば採られたと思います。作者が誰かによって評価が分かれる句ですね。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「氷嚢になづさふ春の風邪籠」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。私も「なづさふ」の意味がわかりかねましたので、調べてみました。
なるほど、うーん、げばさんは色々な言葉をよくご存知ですねー。

この意味がわかった途端、光景が浮かびました。

・氷嚢に浮かぶ頭や春の風邪

春の風ならぬ春の風邪、これではダメですか?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「氷嚢になづさふ春の風邪籠」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「なづさふ」は知りませんでしたし、チャレンジはガンガンいきましょう。
が、正直なところ、全体では「ん?」と思う句です。
選に漏れそうな理由は、いくつか推測できます。

・「氷嚢」と「風邪」は即きすぎなのでは・・・
・「風邪」に「風邪籠」は傍題ですが、「春の風邪」に「春の風邪籠」は傍題にはなっていません。という理由は考えてしかるべきかと。
 (将来傍題になることを否定するものではありません)
あとうまく言葉にできませんがもうひとつあるのです・・・

と偉そうなことを言いつつ、私も選には漏れました(こそっと掲載はされています(笑))

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「氷嚢になづさふ春の風邪籠」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。鴬餅の句へご意見ありがとうございます。餅と老人・・・う~ん気づきませんでした。
 御句。春の風邪といって侮るなかれ。という句意でしょうか。難しい古語を使われているうえに、氷嚢と籠の二語によって症状が重く意識朦朧といった感じが漂っています。一日も早い御快復を心よりお祈り致します。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「氷嚢になづさふ春の風邪籠」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

げばげば様 おはようございます。いつもご指導ありがとうございます。

散歩中に気が付いた事柄をスマホのメモに書いてあとでひねくります。
メモには「また呼ぶあのひと」などと書いてありました。野良猫や季語の選択や語順を変えたりなかなか納得できる俳句はできません。

なずさふ難しい言葉ですね。俳句を始めて日本語の難しさ、奥深さを知り自分は
日本人なのと改めて感じています。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

七日はやカレー談義に花咲かせ

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

水澄むや川面に揺れる木立影

作者名 コウ 回答数 : 5

投稿日時:

春暁やバスを待つ人ただ一人

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『氷嚢になづさふ春の風邪籠』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ