俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

自販機の冷より温の寒い春

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今朝は少し肌寒い日でした。公園を歩いていると親子連れが自販機の前でお茶か何かを買っていましたが、母親が冷たいより温かい方がいいねと言ってボタンを押していました。

最新の添削

「自販機の冷より温の寒い春」の批評

回答者 なおじい

おじさん様、こんにちは。
御句拝読しました。
まあ、この時期は、まだ冷たいのか暖かいのか迷いますよね。でも人により、真冬でも冷たいのを好んだり、真夏でもホットを飲んだりと、人それぞれのようです。

さて御句、他の方々もおっしゃっていますが説明が強いですね。これはおじさん様のご性格によるものだと。
私はよくわかるのです。つまり、「このくらい言わないと、読む人はわからないだろう」と心配になるのですよね。
しかし心配ご無用。読み手はそれぞれに想像を膨らませてくれます。
もちろん作者が思ったように鑑賞してほしいですから、そのための努力は必要ですが、このような考えでいいと思いますよ。

・自販機の赤ボタン押す遅き春

自販機の赤ボタンって何?非常ボタン?いえ違います。そんなふうに受け取る人は知らないっ(笑)。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「自販機の冷より温の寒い春」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

上五中七「寒いことの説明」+下五季語「春が寒い」となっており、ちょっと説明感が強いです。
(前の「ケキョ」の句も構成が同じで、上五中七「春がまだ浅いことの説明」+下五季語「春が浅い」でした)
前半で「寒いことの説明」が終わっているので、季語で「寒い」と重ねると意味が重なって、音数の無駄遣いです。

上五中七で「寒い」ことを説明しすぎており、春の季節感を出すのは難しいかもしれません。そもそも「温かい飲み物」が冬の季語、「冷たい飲み物」が夏の季語になりますし・・・

・春風に押されて「あたたかい」選ぶ

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「自販機の冷より温の寒い春」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。
自販機に目をつけるのはいいですね。
私も秋に詠んだことがあります。

この句は、冷より温、としましたが、
これは詠み手がまだ温かい方が恋しいという意味ですね、そして、季語が寒いから、となるのが惜しいです。
描写によっていくなら、
自販機の灯りやはらか寒き春
これくらいにとどめて、温かい飲み物が恋しいのかなあという想像をさせるとか。

秋に詠んだ拙句は
つめた〜いの褪めたる文字や秋の潮
これは海水浴で盛況だった浜の自販機のつめた〜いの字がもう色あせてたという見た目で詠みました。
自分がどう思うかの主観を説明したくなりすが、極力排除して、受け手に預けるとさらによくなります。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蜩や地球のまわる声のよう

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

手袋のままにティファール押す残夜

作者名 げばげば 回答数 : 31

投稿日時:

水仙花シベリア気団に向かい起つ

作者名 すがりとおる 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『自販機の冷より温の寒い春』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ