俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

二丁目にカサノヴァ棲まう猫の恋

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そろそろちょっかい出してみようか

最新の添削

「二丁目にカサノヴァ棲まう猫の恋」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。秋沙美 洋様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。

実は私、カサノヴァって、聞いたことはありましたがよくわからなかったので、調べてしまいました。すごいですねー!

二丁目は、あの二丁目ですね?

深いところまでよくわかりませんが、感覚的にいいなと思います。猫の恋と響きます!このままいただきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「二丁目にカサノヴァ棲まう猫の恋」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

猫を「カサノヴァ」と呼んで比喩しているのか、とりあわせで人間(自分あるいは他人)を「カサノヴァ」と称しているのか、で読みが変わりますね。

コメントからすると作句時の狙いは前者「猫のカサノヴァ」ですか?それだとちょっと「女性遍歴」と「猫の恋」が即いている気がするのですよね・・・

受け手としたら、とりあわせととった方が面白いです。
そのカサノヴァさんと猫の発情期を比較して揶揄しているような面白みを感じました。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「二丁目にカサノヴァ棲まう猫の恋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

子猫の句コメントありがとうございます。一物チョー珍しいのですが、仔猫を見ていると、シンプルに何を見てもかわいくて、舌にクローズアップしてました。

御句。二丁目、カサノヴァと、ヴェネツィアの風景が見えたような。情熱の女性遍歴と猫の発情の対比、いや共通点という読みでした!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋扇子ふたたび使ふよせの刻

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

きらきらと星を汲みたる春北斗

作者名 あらちゃん 回答数 : 7

投稿日時:

縁談やのらりくらりと林檎剝く

作者名 新米 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『二丁目にカサノヴァ棲まう猫の恋』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ