俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

だんまりのたまの会話や花辛夷

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 駅前の辛夷が咲き始めました。電車通勤はU君と僕の二人だけなのですが、朝と帰りは自動車通勤のTさんが駅まで送り迎えしてくれます。Tさんは、よく喋る人なので車内での話題には事欠きませんが、U君は僕に輪を掛けたように無口なので車を降りてから改札で登り方面と下り方面に分れるまで二人とも黙ったままです。ところが今日は、辛夷の花が咲いていたので話題ができ、短時間ですが二人の間に会話が生れたという句です。長くなりましたが、ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「だんまりのたまの会話や花辛夷」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。
初読でいい句だなと思いましたが、だんまりしていて、たまに会話するのは誰なのかはっきりとはわかりませんでした。

コメント読んだら男同士だと。ちょっとそれは想像しませんでした。老夫婦かなと思っていました。でも男同士で、花を見て会話が始まるとはいいですねー。

「だんまり」と「たまの会話」どちらも結構時間が流れていると思いますので、だんまりが切れた瞬間を詠んでみました。

・だんまりの口を開くや花辛夷

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「だんまりのたまの会話や花辛夷」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

前の句ですが、歳時記の通り「本能のおもむくままに恋やつれした猫の姿」だったら、【本能のおもむくまま】メスを奪い合ったり、その結果交尾に成功したり、逆にケンカに負けて諦めた、でしたね。「押せ押せと言われてやっとその気になった」という可愛らしい恋愛(言い方悪くてごめんなさい)では、重なりませんでしたね。

前置きが長くなりました。
御句、どこか映像が出ないなーと思っていました。問題と思えるのは二点あります。
◆「だんまり(の二人)のたまの会話」がそもそも説明であること。
 特に「たまの会話」のところです。
◆コメントを読むまでわかりませんでしたが「辛夷の花があったから、だんまりの二人が会話した」という理屈(原因結果)で句をつなごうとしていること。
 実体験から句を作るのが悪いわけではないです。むしろちゃあき様は句材を拾うセンスはあると思います。
 物語をわざわざ言葉で語ろうとせずに、離れた方が風景は出しやすいと思います。

・だんまりの二人の前の花辛夷
(花辛夷について会話したかどうかまでは説明しません。受け手に託します)
・花辛夷男二人で語りけり
(いつもは無口な二人が・・・の理屈を抜きました)
・だんまりの話題としたる猫の恋
(たまに口を開いたと思ったら盛りのついた猫の話かよ・・・)

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「だんまりのたまの会話や花辛夷」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。句単体で見ると、だんまりしてる人がたまにぼそっと会話する、横には花辛夷が咲いている。という句意なので、熟年夫婦の句なのだと思いました。
花辛夷が理由でしゃべりだしたという因果は避けたいですね。
ただ、因果には読めず、花辛夷の季語の印象で、このだんまりの二人がどういう二人なのかを想像した感じになりました。そうなると、たまの会話の「たまの」が気になりますね。ずーっとその二人を観察してて、ずーっと黙ってるなー、あ、たまにしゃべったなーというこの説明感と時間経過が気になるからかもです。

イサクさんの提案1個めで、季語にかけるのがいいかなあと思います(^^♪

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

しぐるるや轍消えゆく救急車

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

堂本は夏の王様大丈夫

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

鳥の巣やこんがらがった赤い糸

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『だんまりのたまの会話や花辛夷』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ