俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

猫手より孫の手一つ背中掻く

作者 高橋九二三  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一人住まいの年寄では背中を痒くにも大変で不自由です。人が忙しい時は猫の手を借りますが、矢張り孫の手のほうが良かろうと思う。

最新の添削

「猫手より孫の手一つ背中掻く」の批評

回答者 腹井壮

高橋九二三さん、こんばんわ。

この句には季語が無くコメントを読んでも句意を汲み取る事が出来ませんでした。

孫の手に掻かかるる背中仔猫の手

としてみました。参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

百日紅なお輝きたり残暑かな

作者名 桃ンガ 回答数 : 2

投稿日時:

昼寝覚む鄙めく窓にスーツの吾

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

要望:厳しくしてください

ふと見れば窓辺を伝う夏の雨

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『猫手より孫の手一つ背中掻く』 作者: 高橋九二三
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ