俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

少年の顔窓にあり雛祭り

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

コメントなし。

最新の添削

「少年の顔窓にあり雛祭り」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。よし造様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。私は先日、雛祭りなのでクラスの男子がそわそわするという句を詠みましたので、御句の情景がわかるような気がしました。

おそらくこの少年は、どこかの家の雛祭りを窓から覗いているのでしょう。なんだか楽しそうだなと。

ただ、これも現実的に考えると、そんな家の中の雛祭りを覗ける窓ってあるだろうか?という気もします。

そうなると第二の想像。この少年は、家でやっている雛祭りが面白くないのですよ。とにかく外に出て遊びたい。もう、顔がガラスにくっつくほど近づいて、外を見ている。
そんな光景を詠んだのかも。

結局どちらかわかりませんが、想像を楽しませてもらいました!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「少年の顔窓にあり雛祭り」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「顔が窓にある」という言い回しは、外から窓を見ているということでいいでしょうか?普通の一軒家の窓と、病院の窓と、ふたつ思い浮かびました。
その窓に「少年の顔」があり、「雛祭」の季語ととりあわせていろいろ想像していたのですが・・・
こじつけた風景は「きょうは雛祭。少年は『自分はあまり関係ないから』と窓の外をずっと見ている。その少年の顔が家の外から見えた」です。ですが屋外の風景と「雛祭」はあまり相性がよくなく、どうしても家の中を覗き込まないと「雛祭」が見えて来ず・・・視点がマンガのコマ割りのようにあっちこっちに飛びました。

「自分が家の中にいて、少年が窓から覗き込んでいる」という意味かも?とも思いましたが、「雛祭」という季語と響かず、「窓にある」という措辞も違和感あって・・・でした。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「少年の顔窓にあり雛祭り」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。雛祭で少年をテーマにしていくのは好きですね。詠み手がどこにいるのか、はありますが、中から見てるのだなあという感じで受けとりました!!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「少年の顔窓にあり雛祭り」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

よし造様、こんばんは😊
趣意は良く分かります。映像がはっきりしていて、嫌いな句ではないです。しかし、何かこの少年が物欲し気な感じがして馬鹿に見えるのですが…(失礼😅)
「顔」は出さない方が良いと思いました。
「少年の窓より覗く雛祭り」
とか…シンプルですが…

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水鳥の親子のつける波の跡

作者名 本田太郎 回答数 : 3

投稿日時:

更衣や袖のヒートテックちらり

作者名 春野ぷりん 回答数 : 1

投稿日時:

パソコンの仕事睨みし扇風機

作者名 恵寿 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『少年の顔窓にあり雛祭り』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ