俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

緊張感静まる部屋で私と雛

作者 まつ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小さい頃、大きな雛人形が自宅の別室に飾られていました
雛人形が怖かったので、一人きり静かな部屋で雛飾りを見ると妙な緊張感を覚えました

最新の添削

「緊張感静まる部屋で私と雛」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
はじめまして。

御句。今日プレバトでも出ていましたが、子どものときはなんだかひな人形が怖かったような。
緊張感と書かずに、緊張感を想像させたいというのは先のみなさんと同意見です。
コメントにある
一人きりしづまる部屋の雛飾
雛飾しづまる部屋に一人きり

これでも十分なくらいです。十分緊張感は漂いました!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「緊張感静まる部屋で私と雛」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。
ある程度は作句経験のある方でしょうか?

「緊張感」と句に出す必要はなさそうです。
わざわざ句に出してしまったので「緊張感」が特別な意味を持ったように思います。
コメントの「一人きり静かな部屋で雛飾りを見ると妙な緊張感を覚えた」という意味なら、「静まる部屋に自分と雛」この部分だけで、句の受け手が想像できそうです。
その五音分、自分の気持ちの説明ではなく、別のことに使いたいところです。

・雛の間の静まりて吾ひとりきり

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「緊張感静まる部屋で私と雛」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

まつさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。お雛様に限らず、人形という存在は、一般には可愛い、愛らしい、きれいというイメージですが、場合により「怖い」と感じることがあるようですね。

御句もそんな印象をお詠みになったと思いますが、語順の関係で、「緊張感が静まる」と読めてしまいます。
「緊張する」という、自分の感情・心理を、そう言ってしまわずに、情景を描写することにより、読み手にその感情を汲み取ってもらう。それが俳句というもののようですよ。

・広い部屋一人で雛に見つめられ
・段飾り雛は多勢吾は一人
・立ち上がりさうな雛たち我一人

あまり上手く出来ませんが、やろうとしたことは、何故まつさんが緊張したのか、怖いと思ったのか。それを詠もうとしました。いかがでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

沖明し流氷初日なりにけり

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

毛糸編む老婆の歌ふひばりかな

作者名 ちゃあき 回答数 : 7

投稿日時:

亡き父母の家守るごと蜂一匹

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『緊張感静まる部屋で私と雛』 作者: まつ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ