俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雛つるす作りし母の七回忌

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句はまったくの素人で575と季語を入れることくらいしか知りません。

ひな祭りになって久々に亡くなった母が作ったつるし雛を飾って母が亡くなってもう7年経つという思いを俳句にしました。

最新の添削

「雛つるす作りし母の七回忌」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。あがってから、季語と七回忌のバランスに悩んでましたが、小西さんの添削いいですね。一票です!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雛つるす作りし母の七回忌」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おじさん様、こんにちは。名前の似ているなおじいです。

御句拝読しました。お気持ち共感します。こちらはまだ三回忌を済ませたばかりですが、いつまで経っても母の面影はうすれませんね。

おじさん様は素人とおっしゃいますが、五七五と季語一つという基礎がお出来になってます。あとは他の方々が寄せてくださるコメントがとても参考になりますよ。

さて御句ですが、中七「作りし母の」これは事実と思いますが、少し読み手に対して説明をしているような感じです。

・七回忌ゆらゆら母の吊るし雛

これも上手くはありませんが、こうしますと、直接母親の作った物だとは言わずとも読み手は想像してくださるのではと思いました。

手芸の得意なお母様だったのですね。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「雛つるす作りし母の七回忌」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「七回忌」の句になっている感じです。
「今日は七回忌。たまたま雛祭の時期でもあるし、供養として母の作った雛を吊るしている」というような句になっている気がします。
コメントを読むと「七年経つ」ということで、若干ニュアンスが異なりますね。
作句者としてはどうしたいでしょうか?

「七回忌」を前面に出したい記録的な俳句ならば、それでよいです。七回忌である今年しか詠めない句です。
そうでなければ、「七年前に身罷られた」という情報よりも、「母」と現在の「雛」に焦点を絞った方が、季節感のある俳句っぽさは出るのではないかと思いました。

・吊り雛は手製写真の母笑う

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

母の手の温もり遺す吊るし雛

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

おじさん様、はじめまして。小西と申します。
御句を拝読して、もうすぐ89歳を迎える私の母とイメージが重なりました。
私の母も手芸が好きで、一昨年には、認知症防止と称して、吊るし雛を作っており、今ちょうど飾っているところです。
イサク様の、「七回忌」の印象が強いというご指摘と、なおじい様の、「作りし」としなくてもお母様の手作りと読み取れる、というご指摘に共感し、私なりに掲句を詠ませていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋蝉のための一樹や庭の隅

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

のち餅によだれ流して蓬摘む

作者名 博充 回答数 : 3

投稿日時:

わけもなく哀しくなりて天の川

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雛つるす作りし母の七回忌』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ