俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天そばの残りのつゆの刻み葱

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日のお昼は駅のそば屋で簡単にすませました。少し残ったつゆに浮かんでいる刻み葱を見て詠んでみました。より一層、季語の生きていない句になってしまいましたが御意見頂ければ幸いです。

最新の添削

「天そばの残りのつゆの刻み葱」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。私もお昼は立ち食いそばをよくいただきます。というより、昼はほとんどめん類ですね。そばだとかき揚げが多いかな。

ちゃあきさんは、お蕎麦を食べ終わった後のねぎをお詠みですが、私としては、なんとなくですけど、ねぎが可哀想な気がしました。
例えばこんなのはダメですか?

・天そばに青々刻み葱の山

なんか美味しそうな気がするのですが…。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「天そばの残りのつゆの刻み葱」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも勉強させていただいています。

御句。ごちそうさまでした!という感じは出ています。冗長な部分に切れが欲しいというのが、かぬまっこさんの意見でしょうか。
こんなパターンはいかがでしょう。たゆたうほどネギはかっこよくない?
刻み葱真黒きつゆにたゆたひて

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「天そばの残りのつゆの刻み葱」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「天そばの残りの」のあたりが説明しすぎな感じがします。
先のお二人の提案句のように「天そば」を省略して、主役を葱に絞った方がベターであると思います。
「天そば」が「かけそば」「きつねそば」であっても映像は変わりませんよね?(厳密には汁に残る油の量とかは変わりますが、それは重要ではなさそう)

映像としては「つゆの中の刻み葱」だけ。
「残っている」という状態が重要ならかぬまっこ様の形、「刻み葱とつゆ(汁)」だけで勝負ならげばげば様の形ですが、さてどっちでしょう?

あとは句形と語順の配慮や、季語「ねぎ」に何を見出すか、でしょうか。

・蕎麦つゆにくたくたの葱浮き沈み

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

桜餅葉は食べるのと聞く夫

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

春の雪降ればいいのに今だけは

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

外壁に去年の空蝉残りをり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天そばの残りのつゆの刻み葱』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ