俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

照鷽のこゑに応ふる風の楡

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鷽ってフィフィかわいい鳴き声です。ハルニレはこんもりと包んでくれます。

みなさんご意見をよろしくお願いします。

最新の添削

「照鷽のこゑに応ふる風の楡」の批評

回答者 翔子

げばげば様
いつも大変お世話になっております。照鷽、画像で見ました。可愛らしい鳥ですね。鳴き声も可愛いのですね。鷽をすっぽり包み、温かく応える楡、素敵ですね。この木何の木気になる木〜に似ている?(同じ?)木ですよね??それから、春の野の添削ありがとうございます。散りばめる、自然がした事を詠んだつもりが、自分の動作の様な、詠み方になってしまいました💦確かにげばげば様の手直し句の方が、自然ですね。自分で詠んでいるのに、いつもげばげば様に手直しを受けて、情けない様な💦でもとてもありがたいです💦げばげば様やかぬまっこ様の様になれないものか?💦頭のできが違うので無理か😭

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「照鷽のこゑに応ふる風の楡」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
照鷽と楡の取り合わせは良いと思います。ただ、措辞として「風の楡」は気になりました。
「風へ楡」の形で提案句捻ろうとしましたが、ちょっと難しかったです。提案句考えるのが最近へたっぴになっている気がします。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「照鷽のこゑに応ふる風の楡」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・作句力と選句力とは、重なり合っているのですが、ズレますね。私は、互選句会で考えると、作句力より、選句力が勝っているようです。どちらも大したことがないですが。
御句・・蝋石とか照鷽とかボキャブラリーが本当に豊かだと思います。言葉が世界(連想力)を広げますから、着想の豊さにつながるのでしょう。羨望します。
鷽の声をネットで聞きましたが、柔らかな口笛のようで「応え」を待つような気がしますし、下五の「の」は最近しきりにお使いになっていますが、私の好きな使い方です。私の別のハンドルネームは「風の鳥」。早春を感じるいい句と思います。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「照鷽のこゑに応ふる風の楡」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

語彙力は本当にすごいと思います。

「応ふる」という擬人化の単語に映像がないですね。前後から受け手が想像で補うのですが、「風」が応えるのか「楡」が応えるのか迷います。どちらでもいい、という句ではなさそう。
コメントの「ハルニレがこんもりとつつむ」が、本来出したい描写?とすれば「風」がわずかに邪魔してそうな気がしなくもないです。
そこまで合っていれば、秋沙美様と同じく下五の助詞「の」がベストかどうか、迷いが出ます。
受けがとんちんかんならこれにて失礼します。

提案句では勝手に風の描写を入れてしまいました。

・照鷽のこゑや楡へやさしき風
・照鷽ややさしき風の楡のこゑ

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「照鷽のこゑに応ふる風の楡」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

再訪です。他の方のところでコメントを見て。

「楡自体が風になっている」はわかりにくいですね。
「楡は風」とすればわかるかも。
ですが「応ふる」「風である」と、句の主役が「楡」ですね。「鷽」はどこへ・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「照鷽のこゑに応ふる風の楡」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんばんは😊
いつもコメントありがとうございます。
拙句「長葱の~」、場所を入れるのも一つの手、ですね。(笑)

「照鶯」、初めて知りました。
「風の楡」も良いと思いました。
だだ「応ふる」の擬人化は、この句の場合、どうですかね…

「照鶯のこゑが通へる風の楡」
「照鶯のこゑが響ける風の楡」
とか…

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「照鷽のこゑに応ふる風の楡」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。拙句、喫煙者へのコメントどうもありがとうござました。肩身が狭いことを情景描写だけで表すお手本句、とても勉強になりました。
御句:まずは読み方が分からず、次に鷽がどういう鳥かも分からず、鳴き声も分からずで、Youtubeや電子辞書で調べるところから始めました。他の諸先輩方の高度なコメントを読んでしまうとコメするのも気が引けますが、とても綺麗な句であると思いますが、こゑに応ふるという表現がどういう情景かがちょっと思い描けませんでした。コメントからの提案句です。
*楡の木のこんもり包む鷽のこゑ

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝焼けや欠けたる鍬を振り上げて

作者名 白南風と黒南風 回答数 : 2

投稿日時:

夏の月感情線のながきひと

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

紫陽花の毬を叩ける驟雨かな

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『照鷽のこゑに応ふる風の楡』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ