俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

厳冬の公園の池にカモ立ちぬ

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

寒い日の朝に散歩に出かけた公園の池が凍っていてカモが池に泳げず氷の上に立っていた風景

最新の添削

「厳冬の公園の池にカモ立ちぬ」の批評

回答者 なおじい

おじさんさん、こんにちは。
二句目拝読しました。
水鳥のカモが立っているとは面白い光景です。池が凍っているのでは仕方ないですねー。

ということは、このカモが岸に上がっている間に池が凍ったのですね?朝起きてみて気がついた? まさか、他の仲間は池の真ん中で身動き出来ずにいるなんて、そんな光景ではないですよね(笑)?

なんだか、厳冬とはいえ、ほのぼのとした心待ちにさせる句ですね。

さて御句、三つ、気になりました。まず他の方々もおっしゃっている季語の重なりのこと。私であれば厳冬とカモで重なるので悩んだ末に、この句は詠むのを諦めるかもしれません。
しかし、お二方のコメントを拝読して、この句は、特にカモがどうこうという句ではなく、単なる鳥の一種として扱っているので大丈夫とのこと、了解しました。

次に、「厳冬の公園の池にカモ立ちぬ」とお詠みですが、池が凍っているとはおっしゃっていませんね。そのため、「カモが立っていたらおかしいの?横になっていたら可哀想だけど…」とか言われそうです。
あるいは、「鳥が飛び立つ」という言葉があるように、水面を離れる瞬間を「立つ」と表現する場合もあります。
そういう方向に読み手の想像が動き、「池に泳いでいるのが本来の姿なのだが、池の上に立っているのだよ、面白いだろう?」とは思っていただけないかもしれません。
要するに、「池が凍っている」と言う必要があると思うということです。

三つ目は動物の表記です。俳句では動物は漢字で書きます。カモは鴨が望ましいです。

ということで、提案句を置かせていただきます。

・公園の池の氷や鴨歩く

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「厳冬の公園の池にカモ立ちぬ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「鴨」も冬の季語ですので季重なりですが、「厳冬」が主な季語になっていますのであまり問題ではありません。意図的でないなら今後はちょっと注意、です。

氷の上というより、池の端に立っているような印象を受けました。
コメントの映像を出すならば、季語「厳冬」よりも「池が凍った」と言ってしまった方がいいかも・・・そうすると、主役の季語は「鴨」の方がいいかも・・・

中八も解消した方がいいと思います。

・公園の池氷上の鴨の立つ
・鴨立つや公園の池凍てつきて

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「厳冬の公園の池にカモ立ちぬ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
二句目拝読しました。

鳥は結構季語になっているので要注意です。季語ふたつで、調整して片方を立てるのは高度ではあるようです。
今回は厳冬の句として、読めました。鴨は鳥でも光景は同じだったので、鳥種として出されてる感じです。
コメントには氷上とかかれてますが、原句は寒い中の鴨で、氷は見えず。イサクさんの一句目に一票です!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋の蚊や死んでいようができること

作者名 幸福来々 回答数 : 3

投稿日時:

枯梅や枝の鶯揺れにけり

作者名 渡 弘道 回答数 : 4

投稿日時:

恵方巻肩寄せ共に夢見る時

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『厳冬の公園の池にカモ立ちぬ』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ